ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方 (知的生きかた文庫)2013/12/24 藤井 孝一

ざ~っと読みました。時々自己啓発的な意味でこういう本が読みたくなります。実際に行動してはじめて、意味があるというのはまさにです。行動してみると、著者の話と実体験では違いがあるということがしょっちゅうあります。そして、そこで自分のノウハウが生まれます。私も、読書+行動で生まれる「一次情報」が貴重なものだと思っています。

目次

1章 もっと「本の話」を誰かとしよう(今日の出来事を話すように「本の話」をする/「人に伝える」ことで、知識が知恵に変わる ほか)/2章 「速読」よりも「乱読」せよ!(「1日1冊」必ず読む私の方法/本を「斜め読み」でインプットする法 ほか)/3章 読書を最高の「自己投資」にする技術(たとえば、「小説」をどう仕事に役立てる?/「ハウツーの10%」の実践を目指す ほか)/4章 「お金を稼ぐ人」は、本をこう読む!(なぜ、社長は「古典」を読むのか?/読書は「上に立つ者」の仕事 ほか)/5章 私は、こんな本を読んできた(「明日から仕事に活かせる」編/「お金について考えておきたい」編 ほか)

広告