ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

「おいしい」となぜ食べすぎるのか 味と体のふしぎな関係 (PHP新書) 山本隆著

「おいしい」となぜ食べすぎるのか 味と体のふしぎな関係 (PHP新書)

「おいしい」となぜ食べすぎるのか 味と体のふしぎな関係 (PHP新書)

それほど、互いに関連性の無いエッセイが並んでいるような感じです。そのため、一話ごとにサラッと流し読みができ、雑学を増やすのに良さそうです。なぜ人がマヨネーズにはまるのか?というあたりが面白くてマーカーを引きながら読んでました。私も筋金入りのマヨラーです。

書籍内容

「あぁ、おいしい!」―人間だけが味わえる至福のひと時。でも、だから食べすぎてしまう、と簡単には説明できないのが味覚の奥深さ。ラーメン、お酒、マヨネーズ…。なぜにそこまで“はまる”のか?そもそも「おいしい」とは何なんだ?好き嫌いのメカニズムや甘いものに目がない女性の秘密、さらには噛むことの効用など、体や脳のしくみを探り、現代人の「食べる」を科学する。昨今の食の乱れや無茶なダイエットを見直し、本物の味を見抜く感性を磨く。もっとおいしく食べて、人生を何倍も楽しむための究極メニュー。

広告