ただの読書ログ

ひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

後悔したくなければ「医者のいいなり」はやめなさい Kindle版 名郷直樹 (著)

後悔したくなければ「医者のいいなり」はやめなさい

後悔したくなければ「医者のいいなり」はやめなさい

いわゆる「医療否定」本をけっこう読みますが、その中では異色の面白さだったと思います。どうしても、感情的な恨み・つらみが書かれることが多い「医療否定」本とは違い「エビデンスがあるかないか」だけを淡々と記述していくというスタイルが、逆に訴えます。突き詰めていくと、断定的なことは何も言えなくなるというのが分かります。

「まっとうな意見の大部分は「Aかもしれないし、Bかもしれない、あるいはCの可能性も」 というようなことではないか、EBMを20年間実践する中で私自身が明確につかんだことの一つです。 今もって、高血圧を診断すべきなのかどうか、治療すべきなのかどうか、私にはよくわかりません。」

結論は「読者の皆さんが本書を読み、それぞれ考えたうえで、検査や治療を受ける、検査や治療を受けないとなれば、その「どちらでもOK」ということです。 医療を受けようが受けまいが、そんなことはどうでもいいのです。」と結ばれています。実にクールです。徹底的にエビデンスを追求して、医療を否定するという選択があっても良いことが分かりますね。

最近の中ではかなりおススメの一冊です。