ただの読書ログ

ひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

心配学~「本当の確率」となぜずれる?~ (光文社新書) Kindle版 島崎 敢 (著)

心配学?「本当の確率」となぜずれる?? (光文社新書)

心配学?「本当の確率」となぜずれる?? (光文社新書)

面白いですね。人間の行動基準は現実よりも感情であることが分かります。統計に基づいて考えるというのも良さそう。その意味では先日読んだ、医療のエビデンスの本と似ています。
yoshinorihara.hateblo.jp

他の本を読んでいる中で、心配学をふと思い出す機会が何度かありました。