読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

「心の病」は、腸を診れば治る!​?: 長崎発★東洋医学医師田中保郎​の挑戦 山中伊知郎 (Kindle版)

「心の病」は、腸を診れば治る!?: 長崎発★東洋医学医師田中保郎の挑戦

「心の病」は、腸を診れば治る!?: 長崎発★東洋医学医師田中保郎の挑戦

とても面白い一冊でした。読んでいるうちに、あれ、同じ人(の話)ではないかと気が付きました。最近、読んでいた著者の話でした。

腸が変われば人生が変わる 驚異の腸内フローラ

腸が変われば人生が変わる 驚異の腸内フローラ

長崎弁で田中氏が腸について語る語り口も面白いし、ライターがそれにツッコみながら書くスタイルも新鮮です。Kindle版の場合、目次からのリンクがなく使いにくかったですが、その辺の仕様を差し引いても、面白い本でした。西洋医学一辺倒だった田中氏が、腹診を基調とした東洋医学を武器にして患者を診る医師になったまでのいきさつとか。なんとか、外来に患者を呼ぶために、鍼を打った話や、病院経営に四苦八苦する話など、実にリアル。そんな積み重ねで、今では、腸内フローラの権威というわけですから、人生って面白いと思えます。

先の「腸内フローラ」はざっと読んでいましたが、山中氏が田中医師を取材した内容に基づいて書かれたこの本も併せて読むと、より面白いと感じました。やがてですが、この本も読んでみたいですね。

どうしても治したい二人の医者が出した驚異の処方箋 病気の8割は腸とミトコンドリアで治る!  がん、うつ、アトピー、ボケ、アルツハイマー、引きこもり、パニック障害ほか

どうしても治したい二人の医者が出した驚異の処方箋 病気の8割は腸とミトコンドリアで治る! がん、うつ、アトピー、ボケ、アルツハイマー、引きこもり、パニック障害ほか

  • 作者: 西原克成(医学博士/日本免疫治療研究会会長),田中保郎(東洋医学/開業医)
  • 出版社/メーカー: ヒカルランド
  • 発売日: 2015/12/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

書籍紹介

「人の心は脳にあるのではない。腸にあるんだ」などという話を聞いたら、誰もがけげんに感じるでしょう。ところが、それを大真面目に堂々と言っている人物がいるのです。しかも、正真正銘のお医者さんで。ただ、言うだけではありません。その信念のもと、実際に、お腹を診る、いわゆる腹診と漢方薬の処方だけで、うつ病やひきこもり、拒食症、それにアルツハイマーの患者さんまで劇的に改善させたのだから驚くではありませんか。その名も田中保郎。長崎県諫早市在住。で、その本人は、長崎弁丸出し、シモネタ連発で熱狂的な巨人ファン、地元の医師会とはケンカばかりしている、変わりモンだけど味のあるオッサンです。

広告