読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

健康診断は受けてはいけない (文春新書) Kindle版 近藤 誠 (著)

健康診断は受けてはいけない (文春新書)

健康診断は受けてはいけない (文春新書)

友人がすい臓がんで亡くなり、その後、やはり「検診」は大事だと周りが騒がしくなりました。私自身も、がん検診を受けに行った方が良いのか迷いました。がん検診を受けるべきか、どうすべきかに関しては、まだ自分なりの答えが出ていません。近藤誠氏の本なので、主張は分かっているとはいえ、手に取ってしまいました。

一般論としては、検診は受けなくても良いと思うんですが、いざ自分や家族に降りかかると、その流れに抵抗する「勇気」は無い気もします。どこまで、知識があるかということなのでしょうか。それにしても、近藤氏は息の長い活動をしていますよね。彼の発言は大いに批判されますが、間違っているとも思えないところが多いです。

先日立ち読みした本もすごく面白かったので、買うか、立ち読みですませるか迷っています。

がん患者自立学

がん患者自立学

書籍内容

健康診断はこんなに危険! 欧米に健診はない!

日本人の多くは「健康」のため職場健診や人間ドックを受診していますが、欧米には存在しません。
「より健康になる」とか「寿命をのばす」という効果を証明するデータがないからです。

著者の近藤誠さん本人も、慶大病院で在職した40年間、執行部から強い圧力がありながらも、一度も受けませんでした。検診は有効というデータがないからです。
にもかかわらず、日本では、医学的な根拠がないままに健診が義務化されています。

健診は危険がいっぱいです。CTや胃エックス線撮影には放射性被ばくによる発がんリスク、子宮がん検診には流産や不妊症のリスクなどがあります。

異常値が見つかった後に行なわれる肺や前立腺の「生検」も極めて危険です。手術後に「がんではなかった、おめでとう」と平然と述べる医者もいます。

さらに危険なのは、「過剰な検診」が、過剰な薬の処方や手術など「過剰な治療」につながるからです。
人間ドックには「早く見つけるほど、早く死にやすい」という逆説があります。
実際、中村勘三郎さんや川島なお美さんは、人間ドックで「がんを早期発見され、早期に亡くなってしまった」のです。

「検査値より自分のからだを信じる」こそ、健康の秘訣です。健康なときに健診など受けるものではありません。
本書は、さまざまなデータや論文に基づき、「健康診断が有害無益である」ことを徹底的に明らかにします。

広告