ただの読書ログ

ひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

片づけスイッチがONになる本 Kindle版 宮城美智子 (著)

片づけスイッチがONになる本

片づけスイッチがONになる本

書籍内容

親の家を片づけた人の口から必ず出るのは「子どもには同じ苦労をかけたくない」「自分は子どもに迷惑をかけたくない」という言葉。
家の中を埋め尽くす膨大な量の親のモノと格闘した体験者ならではの重い言葉だ。しかし、実際には、高度経済成長とともに青春時代を過ごし、あふれる持ち物を「収納」という名のもとに詰め込んできた世代の家はモノで溢れかえっている。