ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

内科医が語る35歳からの若さと健康への7大法則(上)・(中) 内科医が語る35歳からの若さと健康への7大法則 Kindle版

内科医が語る35歳からの若さと健康への7大法則(中)

内科医が語る35歳からの若さと健康への7大法則(中)

上巻・中巻です。下巻は無いのですね?ちょうど35歳なので気になりました。ん?よく考えてみたら、36歳かも。あれ?何歳だっけ。このあたりがすでにかなりまずい感じになってますね。もともと健康本は好きなのですが、年齢でターゲティングされると、手に取ってしまうものですね。40代になると、より一層、健康本を読むようになるかもしれませんね。

著者は、40代後半の「すっぴん内科医」として有名な方です。
参考:46歳すっぴん内科医 松本明子のプロフィール|Ameba (アメーバ)

切り口と語り口が面白いと評判です。

中身は割合、普通の情報でしたが、正しい知識をきちんとあてはめられるように努力が必要ですね。分かってはいても、日々に流されがちです。改めてカラダシホンを実践しないとなって。下巻が出たらそれも読んでみよう。

書籍内容

人の体は本来元気であるようにできています。だからケガをしても病気になっても治るのです。でも、人は本来の生活を忘れて、早く老化したり、病気になってしまうのです。「夜遅く寝る前に早食いをするのと、夕方早くゆっくりよく噛んで食べるのがどっちがいいか」なんて、聞かれるとわかっていると思います。

でも、悪いことをしてしまうのはどうして悪いのか、どんなに悪いのかがよくわかっていないからです。体の仕組みがわかると、健康のおさえどころがわかってきます。おさえどころが目に浮かぶようになると、そこから重点的に変えれば、効率よく健康になれます。色々口で説明を聞いたり、字を読んでも継続できないのはなかなか目に浮かばないからです。本を読みながら想像すると体の仕組みやそれを尊重することの大切さがわかります。この本はあなたが「目に浮かぶように想像する」ことを目指しています。

広告