読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

親の家を片づけるなら「プロ整理業者」に任せなさい Kindle版 吉田 太一 (著)

親の家を片づけるなら「プロ整理業者」に任せなさい

親の家を片づけるなら「プロ整理業者」に任せなさい

あれ?キーパーズの吉田氏といえば「遺品整理」の人でしたよね・・。と、思ったのですが、今や不動産売却から、相続関連ビジネスを一気に手掛ける「デスケア産業」の覇者になっていました。

いやはや・・・と思ったのですが、まあ、その背後には、顧客の悩み・必要に真摯に向き合い続ける吉田氏の姿勢がありました。マスメディアを活用したり、出版を活用したり、他業種とのJVでビジネスを広げたり、徹底した現場主義で起業のタネを拾ったりと、吉田氏のビジネスマンとしてのスタイルは学ぶものが多くあります。

新業種へ乗り出す秘訣

「高齢者住宅入居パック」なるビジネスまで立ち上げています。
参考:高齢者施設/住宅への入所や引越なら事前整理専門のクーパーズ

・希望に応じて入居予定先と入居日時の調整打ち合わせ
・必要な家財道具や衣類などを梱包(入居施設までの引っ越し準備)
・自宅の不用品の分別や搬出、室内片づけ、清掃
・指定の日時に合わせて、入居先施設まで荷物を運搬
・引き払った自宅不動産の価格査定や売却のお手伝い

「実はこうしたサービスを始めようと思ったきっかけは、そのご婦人の一言でした整理してもらったついでといっては何ですが、ホームに入居する日まで荷物を預かってもらって、入居当日にホームへ運んでいただけないかしら。息子が不動産屋さんにマンションの売却を頼んでいたのですが、すぐに売れたらしく、急遽引き渡さなければならなくなったの。だからその間、温泉にでも行こうと思っているのよ」このように依頼者の希望を慎重にお聞きすることで、時代とともに必要となる新しいサービスが生み出されていくものだと思っております。」

まあ、見事というしかありません。

内容

親の家を片付ける』シリーズの最新第5弾は「どうしても、片付けられない」、「手を付けてみたがやはり自分では手に負えなかった」という人に向け、プロに任せるという選択肢をご提案します。
実際の作業を始めるときに何をどう選別して処分するのか、迷ったらどうするのか、どう捨てればいいのか、骨董品とリサイクルの品の違いは、プロならではのチェックポイントはもちろん、予算、目安、良い専門業者の見分け方も解説。
さらには「親・家・片」最大の難敵、遺産相続のトラブル、土地、空家の処分についても解説。最後に頼れるのはこの本です。

関連記事

【書評】親の家を片づけるなら「プロ整理業者」に任せなさい 吉田 太一 (著)
もう少し詳しい書評を書いてみました。

広告