ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

必ずもめる相続税の話―大増税時代の失敗しない相続税と相続対策 Kindle版 福田 真弓 (著)

必ずもめる相続税の話―大増税時代の失敗しない相続税と相続対策

必ずもめる相続税の話―大増税時代の失敗しない相続税と相続対策

これむちゃむちゃ良い相続本です。2013年版ですので、一部情報が古いかな?と思いましたが、それを差し引いても、「名義預金」と「小規模宅地等の特例」に絞った構成が素晴らしい。これまで読んだ中でも一位、二位を争う、分かりやすさでした。こういう読み応えのある本を税理士さんが書いてくれるといいですよね。

おすすめの相続本でした。

書籍内容

いよいよ相続税がふつうの人にもかかってくる時代に!まず、相続税から守らなければならないのが、マイホームと妻の名義預金(専業主婦のへそくり)!本書は、この庶民の相続税対策の2大テーマを中心に、どうしてマイホームや名義預金に相続税がかかるのか、かからないようにするためにはどうやればよいのかを、相続税の仕組みややがてくる大増税のカラクリと絡めながら、ストーリーと解説でやさしく教えます。

広告