読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

弱ったメンタルを立て直すだけではなく、そもそも破綻させない、こころの予防医学が必要になっていますね。

f:id:nazenanido:20170217105255j:plain

就寝23:00 起床9:00 おお・・どうしたか。風邪気味か?かなりの疲労で起きられなくなってしまいました。ここらへんが、耐えられるかどうかのポイントですので、がんばってビタミンCを飲もう。これまでの成功体験にかけようと思います!
tosituseigen.hatenadiary.jp

昨日のこと

優先順位と劣後順位

lifetime.hatenadiary.com
やはり何を第一にすべきか迷っています。そして、その背後にあるのは何でもかんでもコミットしすぎ、背負いすぎの自分の傾向です。現在、取り組んでいるコンテンツ作りの優先順位を決めるために四苦八苦です。ひとつの決定を下せば、ほかはできないということ。とにかく「捨てる」のが難しいのです。

何を捨て何を残すかで人生は決まる (青春新書インテリジェンス)

何を捨て何を残すかで人生は決まる (青春新書インテリジェンス)

独りで考えていても、モヤモヤが消えないわけですが、一通り奥さんに話して聞いてもらうと、だいぶ霧が晴れました。奥さんも私の仕事の詳細は分からないのですが、分からなくてもとにかく聞くことで助けになってくれています。話すとだいぶ見えてくるものがあります。頭の中だけで考えをまとめるのには限界があるなと改めて思います。

困難を乗り越える力(SOC)

yoshinorihara.hateblo.jp
昨日、読んだ本の中でとりわけ興味深い一冊。困難を乗り越える力(SOC)に惹かれます。分かる感・できる感・やるぞ感を高める方法を学びました。ユーゴスラビアで起こった内戦のさなかでも心の健康を保った人たちの研究から生まれた「健康生成論」が背景にあるそうです。すでに弱ったメンタルを立て直すだけではなく、そもそも破綻させない、こころの予防医学が必要になっていますね。興味深いジャンルを知りました。

おそらくこの本がSOCの生みの親の本ですね。

健康の謎を解く―ストレス対処と健康保持のメカニズム

健康の謎を解く―ストレス対処と健康保持のメカニズム

  • 作者: アーロンアントノフスキー,Aaron Antonovsky,山崎喜比古,吉井清子
  • 出版社/メーカー: 有信堂高文社
  • 発売日: 2001/04
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 12回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

人格についての理解深まる

yoshinorihara.hateblo.jp
森田療法から、意外なほど、洞察が深まりました。特に「人格」(パーソナリティ)に関する理解は、これまでの疑問を氷解させるものになったような気がします。パーソナリティ障害であろう人たちと接することに、かなりの疲労感を感じているわけですが、その病理を理解すれば対処策もあるというものです。相手をコントロールしようとするより、まずは、こちらが感情を荒立てないようにする必要があり、その点で役立つのが、やはり心理学ということになりそうです。
参考:性格は変えられる?森田療法に見る気質・性格・人格論

今日の一歩

時間割をびっちり決めたところに、どんどん新規の「必要」な予定が入ってきます。後に延ばすことはできないような。もし、予定を立てていなければ、ひたすら流されているんだなということを自覚しました。予定を都度、組み替えながら、こなしています。高速で動いていくパズルみたいですね。ある意味で、人生のスピードを楽しめます。追われると苦しいですが、追う立場になれば怖くはありません。
lifetime.hatenadiary.com

決めたことをやれる時間というのはそれほど多くありません。やれる時には「集中」して時間を用いるというのが正しいですね。集中力が試されます。15分単位で「密度」をあげていきたいと思います。

評判の良い本です。

(文庫)集中力 (サンマーク文庫)

(文庫)集中力 (サンマーク文庫)

  • 作者: セロン・Q・デュモン,ハーパー保子
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2011/03/14
  • メディア: 文庫
  • 購入: 2人 クリック: 5回
  • この商品を含むブログを見る

広告