ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

セルフヘルプももちろん重要なのですが、実際に、かなりのストレスを与える人との付き合い方も知りたいわけです

f:id:nazenanido:20170213094823j:plain

就寝24:30 起床9:30 22時過ぎまで会議があり、帰宅してから夕食という、久々の悪いパターン。午前は予定が無かったから良かったけど、こんなに寝てしまうとは。しかも、だるだる。

昨日のこと

神経症者とつきあう

yoshinorihara.hateblo.jp
セルフヘルプももちろん重要なのですが、実際に、かなりのストレスを与える人との付き合い方も知りたいわけです。神経症者、今でいえば、いわゆるパーソナリティ障害の人たち。周囲の人の感情をかき乱し、苦しめます。自分の感情を抑えることはもちろん、現実的な付き合い方をマスターしなければ、疲弊する一方です。論理療法(REBT)の考え方を知るために、再読していましたが、ちょっと微妙。「神経症者に何を期待しているのか、彼がまともであると思い込むから、苦しいのである。なんだったら引っ越すのも一案。もし引っ越せないなら、受け入れることだ。」みたいなことが書いてありまして、う~んとうなりましたね(笑)

確かに自分の感情にさざ波が立っていれば、パーソナリティ障害を持つであろう人と付き合っていくのは非常に苦しい体験となります。彼らを事実上制御する方法など無いのです。その面では、徹底した自分の感情管理しかないのかもしれませんが・・・、ちょっと強引かも。どうやって付き合っていけばよいかという点では、以下の本などを読んでみたいと思いました。そういう人と付き合うのって、口で言うほど楽じゃないですからねぇ。ちょっと、疲れて、自分が病んでいるかも(笑)

他人を平気で振り回す迷惑な人たち (SB新書)

他人を平気で振り回す迷惑な人たち (SB新書)

境界性パーソナリティ障害をもつ人と良い関係を築くコツ -家族、友人、パートナー、のための実践的アドバイス

境界性パーソナリティ障害をもつ人と良い関係を築くコツ -家族、友人、パートナー、のための実践的アドバイス

今日のアイデア

前倒しで予定を進めるのが精神衛生に相当良いのに気づきました。私の場合、ルーティーンになっている仕事などがありますが、今週の予定が終わった時点で、そのまま振り返りと来週の準備までやってしまうと、気持ちが楽になることに気づきました。もちろん来週には、再度、準備や見直しが必要なのですが、ごく短時間で済みますしね。

時間の使い方をもう少し突き詰めて考えてみようと思います。今日はあまり本を読めない感があるなぁ・・。まあ、しょうがない、長く寝たし、バリバリ働こう。

広告