読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

説得術 (講談社現代新書 (696)) 新書 – 1983/6 増原 良彦 (著)


説得術 (講談社現代新書 (696))

古い本で、アマゾンにも本の情報がほとんどありませんが、これ、かなり面白い本です。私は論理療法(REBT)の習得のために「自己説得」に関心があり手に取りました。これまでに目にしたことが無い「説得の論理」でした。何のために?誰を説得するか?、時には説得しないほうが良いこともあること。相手との間で意見の折り合いをつけるのが説得だということ、説得と宣伝、説得と教育、説得と命令の違い。単なるハウツーにとどまらない深さがあります。今回は、サラッと目を通したくらいですので、これは再読本に入りました。付箋をつけながら再読し、アウトプットに使いたいと思います。

広告