読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

変えられないことはすっぱり受け入れて、それを前向きな行動に変えるように努力できました。思考を取り出して、それを整理する技術というのは、本当に大切です。

f:id:nazenanido:20170202095651j:plain

就寝23:30・起床8:30(寝る前にはウイスキー・ワインを飲む)。忙しい一日だったため、お風呂に入って一杯飲んで寝てしまいました。おかげで朝はスッキリ起きられません。しかし、最近、なんとなくですが「悪夢」傾向が弱まっているように思います。論理療法(REBT)で毎日、感情を「整理」している効果が表れているような気がします。悪夢で起きると、朝の目覚めは最悪ですからね。

昨日のこと

読んだ本

f:id:nazenanido:20170202095709j:plain
中古で買いましたが、すごい付箋の量です。ここまで付箋を貼るとは逆に興味深いですよ。本も書き込みだらけだろうなと覚悟したのですが、実は、この本の持ち主、ライン代わりに付箋を貼っていたようで、中身は非常にきれいでした。いろいろな人がいますね。アマゾンマケプレは専門書を安く買う時には助かります。「可」コンディションで、私は全くかまいませんので(内容が読めればよいので)。
yoshinorihara.hateblo.jp
定評がある本だけあって非常に分かりやすい。論理療法の「論理」もよく分かりましたし、様々な人による実践例がまた興味深いです。本場のように、バリバリ、介入ができなくても、論理療法(REBT)な考え方を応用している教育現場の事例が特に参考になりました。子供たちは、容易にイラショナルビリーフ(不健全・不合理な考え方)をしてしまうものですが、ふさわしい大人が少し考え方の筋道をつけてあげるだけで、大いに助けられるかもしれませんね。ただ、単に話を聞くだけにとどまらず、考え方の介入はふさわしいと思えました(矯正施設におけるREBTの例も興味深いです)。

エリス博士やその高弟のドライデン氏の本は翻訳の関係もありますが、なかなか読み進めるのが大変です。しかし、我が国における実践例ですと、容易に読み進められますね。いずれにしても論理療法(REBT)興味深いですね。日本では下火だと思っていましたが、新刊が出ていましたので、早速ゲットです。参考:REBT研究 別冊 REBTうつ病マニュアル 日本人生哲学感情心理学会「REBTうつ病マニュアル」編集委員会 - ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

論理療法(REBT)と隣接している各分野にも興味があります。昨日もお話しした「一般意味論」、また、親戚ともいえる認知行動療法(CBT)、選択理論(リアリティセラピー)。最近では、まあ、流行りではありますが、アサーティブネス(アサーション)にも関心が飛び火しています。結局、心理学は使えてなんぼですからね。


マンガでやさしくわかるアサーション

感情の整理の技術

昨晩には、寝る直前に、お付き合いしている企業の担当者からけっこうショッキングなメールをもらいましたが、最近、心がけている論理療法(REBT)の効果でしょうか、気持ちを上手に整理できました。変えられないことはすっぱり受け入れて、それを前向きな行動に変えるように努力できました。これは以前の自分なら考えられなかったかも。思考を取り出して、それを整理する技術というのは、本当に大切です。

今日のこと

読む本

yoshinorihara.hateblo.jp
この本は、再再読くらいで、付箋一杯です。ブックオフで108円で買いましたが、もう、価値は何十倍もあります。特に書評をきっかけにしながら文章を磨いていく方法が取り上げられています。再度、この本を読みつつ、書評を中心にしたミニサイトの作り方を研究してみようかと思っているのです。ミニサイトに関しては、その界隈では多少の批判もありますが、方法論さえ(自分にあった)見つかれば、私は理想的ではないかと思っているんです。実際に、私もそんな感じですしね。

ミニサイトをつくって儲ける法 [ 和田亜希子 ]

図書館に行くのを楽しみに

なかなか日々忙しいですが、自分の時間を上手に取り分けて、くつろぎタイムを取り分けようと思っています。最近は、地下鉄やJRを乗り継いで動くことも少なくないので、その流れで図書館で少し(1時間でも)本をパラパラとめくる時間をとろうと決意しました。ほんと少しでも、自分のエネルギーは回復しますので。こういう時間大事に。

おし、今日はその計画をたてよう!

広告