ただの読書ログ

ひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

「闘う税理士」はいかにしてわずか数年で2万4,000人もの相続診断士を生んだのか 大坪勇二の The Power Talk Kindle版 大坪勇二 (著), 小川実 (著)


「闘う税理士」はいかにしてわずか数年で2万4,000人もの相続診断士を生んだのか 大坪勇二の The Power Talk

Vol.1『大坪勇二のThe Power Talk「闘う税理士」はいかにしてわずか数年で2万4,000人もの相続診断士を生んだのか』
~目次~

  • はじめに

第1章 「中小企業のかかりつけ医」になりたいという願望
・お客様と税理士を繋ぐ『相続診断士』を作るまで
・「闘う税理士」の〝蹴りたい気持ち〟とは?
第2章 『相続』の水先案内人として
・『笑顔相続』は、泥沼の骨肉の争いから家族を守る
第3章 爆発的に会員数が増えた、そのきっかけ
・ナイスネーミングの「相続診断士」はどうやって誕生した?
・2万4千人もいる「相続診断士」は、どうやって増えていったのか?
・コミュニティを作ったら、何が変わった?
第4章 税理士に未来はあるのか?
・税理士の未来はどうなる?
・税理士は、これから何をどのように勉強したらいい?
第5章 税理士と格闘技
・「闘う税理士」の殴る蹴るの命を懸けた戦闘で得られたものとは?
・明らかに自分より大きい相手に挑むスピリットとは?

  • あとがき