ただの読書ログ

ひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

逆説思考~自分の「頭」をどう疑うか~ 森下伸也


逆説思考~自分の「頭」をどう疑うか~
(光文社新書)

論理療法(REBT)の実践のため、自分の思考(ビリーフ)を疑い修正するために、この本が役立つかと思って手に取りましたが、読んでいるうちに訳が分からなくなりました(笑)。それが筆者の狙いだと思いますが、ちょっと走り読みでは足らない感じです。と言いつつ、途中で読むのをやめてしまいました。

「逆説思考」とは、通常の価値観の一面性を暴露し、それを反転させる思考スタイルのこと。この思考法を身につけることで、常識や気分に流されない、ホンモノの思考力・洞察力を獲得する。