読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

今日できることを、つい明日に延ばしてしまうあなたへ 単行本 – 2003/11 ウィンディ ドライデン (著), Windy Dryden (原著), 岡野 守也 (翻訳)

心理学 論理療法(REBT)

今日できることを、つい明日に延ばしてしまうあなたへ

今日できることを、つい明日に延ばしてしまうあなたへ

論理療法(REBT)のドライデン博士の本は、全体的に読みにくいです。一読してストンと落ちることはありません。これまで、何冊か読みましたが、どれだけ軽いタッチで描いていても実に難解です。
参考:いつも楽に生きている人の考え方 (ディスカヴァー携書) 新書 – 2011/9/16 ウィンディ・ドライデン (著), 野田 恭子 (翻訳) - ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)
参考:論理療法入門―その理論と実際 単行本 – 1998/7 ウインディ ドライデン (著), Windy Dryden (原著), 国分 康孝 (翻訳), - ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ですが、大事なことは一貫しています。不合理な信念(イラショナルビリーフ)を打ち砕こうとする意志の強さは強烈です。万力に挟まれたように、自分の不合理な信念がつぶさるのが分かります。なかなか厳しいですが、その背後に、愛があるのかもしれませんね。知らないけど。

書籍紹介

「先延ばし」の原因を解明し、その癖をなおす論理療法の基本テクニックをわかりやすく解説。「明日」ではなく、「今日」読んでください!

「すぐやればいいことばかりなのに、大事なことをつい先送りにしてしまって、いよいよという時に困ったり、損したりしてしまうこともしばしば……」という人に朗報!
本書は、カウンセラーとして25年以上にわたって「先延ばし癖」をなおす手助けをしてきた著者が、すべての先延ばしの原因は、「間違えた思い込み」にあるとし、先延ばし癖をなおす論理療法の基本テクニックをわかりやすく解説する。
「完璧主義者が陥りやすい先延ばしの罠」「成功への恐れが先延ばしを引き起こすこともある」「先延ばしをする人は言い訳の達人」「抱え込みすぎが、先延ばしの原因になっていませんか?」など、読者は、「なぜ」「どんなふうに」自分たちが先延ばしをしているかに気づかされながら、どうすれば先延ばしをしなくなるかを理解できる。
そして、何より重要な著者の主張は、「頭で理解するだけではなく、行動すること」。
「明日」ではなく、「今日」読んでほしい、グズ克服の特効薬。

広告