読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

グローバルで勝つ!30代ビジネスマンの「太らない」「疲れない」 7つの習慣: 世界のビジネスエリートが実践している健康マネジメント 健康マネジメントシリーズ Kindle版 水野雅浩 (著)

健康啓発


グローバルで勝つ!30代ビジネスマンの「太らない」「疲れない」
7つの習慣: 世界のビジネスエリートが実践している健康マネジメント 健康マネジメントシリーズ

ん!これはなかなか良い本です。ありきたりのことかもしれませんが、自分の経験値から出た言葉に重みがあります。著者が、香港で働いていた時に、健康への意識が高いビジネスエリートたちと接した時の話が面白いです。まさに「体が資本」なのだと分かります。

健康マネジメントについて話を聞くと、彼らが決まって言っていたのは「私たちは顧客の資産を預かり、大きな責任を負っている。その責任を果たすためには、体を壊している暇はない。体が資本。だからこそ体の害になるファーストフードは絶対に食べない。健康によい日本食を『選んで』食べる。大切なクライアントを招待する時も、接待の相手も健康に対するインテリジェンス(知的レベル)が高いため、日本食のほうが喜ばれるんだ」ということです。

それこそ、真剣に食べるものを吟味し、休養をとり、それを生活に活かしていく。しかも、健康が「目的」ではなく、それを「資本」として。この高い意識は見倣うに値します。私の健康に対するインテリジェンスもアップさせていきたいですね。印象的なコメントがあります。

健康は「投資」に似ている

1つ目は、すぐに成果を求める短期投資ではなく、長期投資と捉えることで、ストレスなくゆったりしたスタンスで構えることができること。
2つ目は、投資であるからには情報収集が大切ということ。だからこそ日々の健康についての最新の健康情報はアップデートしておくことが大切なのです

いや、ほんとだ。大事だな。最近、サボり気味ですが、カラダシホンも頑張ろうかな。
参考:カラダシホン日記

書籍内容

■ プロローグ (本書で得られる5つのこと)
■ 1章 7つの<考え方>
(1) メタボは自己管理ができていない象徴
(2) 「こうなりたい」に「なる」 未来のビジョンが明確
(3) 行動の選択基準を持っている
(4) 習慣にしている
(5) 健康マネジメントは長期投資と考えている
(6) 柔軟な考え方。素直に行動できる人
(7) 部分ではなく、まんべんなく底上げする


■ 2章 7つの<食事>習慣
(1) 太らない食べ方の秘訣は、順番にあり
(2) 夕食の「ハーフ白米」で、若さと体の軽さを手に入れる
(3) エンプティ・カロリーで、ハンプティ・ダンプティ
(4)  ランチは定食屋で「アンチエイジングの王様」を頼もう
(5)  定食にあと一品、スーパーフードを追加しよう
(6)  コーヒーにコーヒーフレッシュは、入れないようにしよう
(7) 噛む回数。現代人は江戸時代の半分

■ 3章 7つの<睡眠>習慣
(1) 「朝の太陽」が睡眠の質を高める
(2) 睡眠2時間前は、ブルーライトはシャットアウト
(3) 男もシンデレラタイムの恩恵に預かろう
(4) 空腹での睡眠はデトックスとダイエットをもたらす
(5) 栄養ドリンクよりも、ヒートショックプロテイン(元気ホルモン)
(6) 睡眠不足の人の多くは、心と体が緊張している
(7) 睡眠環境への投資は、費用対効果が高い。

■ 4章 7つの<運動>習慣
(1) 日本人の姿勢の悪さは世界でも有名!?
(2) スクワット&万歳ストレッチで、朝に差をつけ
(3) 埋もれた翼を羽ばたかせると、肩こりとメタボ予防になる
(4) 歩くスピードを世界のエリートクラスに近づけよう
(5) スマートフォンのウォーキングアプリをつけっぱなしにする
(6) 週一回ジムに行くより、毎日会社の階段を使おう
(7) 朝15分のスロー・ジョギング習慣を手に入れよう


■ エピローグ (習慣化への7つのコツ)
(1) 3日坊主でも大丈夫。それを続ける
(2) 「カレンダー」を活用する
(3) 目標は文字より写真で
(4) 準備をしておく
(5) ブタの貯金箱「ごほうび効果」を味方につける
(6) 周囲に宣言する
(7) 健康関連の雑誌を定期購読する

広告