ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

「新型うつ病」のデタラメ (新潮新書) 中嶋聡


「新型うつ病」のデタラメ (新潮新書)

書籍内容*

「上司に叱られ、やる気ゼロ」「彼女に浮気されたので休職したい」…。この十年、そんな理由で精神科を訪れる人が急増。従来のうつ病とは明らかに異なる病態をもつそれは、「新型うつ病」と総称されるようになった。診断書を手に堂々と会社を休む人々、手厚すぎる社会保障、肥大化する自己愛と精神力の低下。はたして「新型うつ病」は本当に“病気”なのだろうか。もはや社会問題。そのまやかしを、現役精神科医が暴く。

【目次】*

第1章
「新型うつ病」とは何か(「新型うつ病」とはどのような病気か/うつ病概念の歴史/「新型うつ病」の位置づけ/「新型うつ病」はなぜ生まれたかーその三つの要因)/第2章
「新型うつ病」がもたらした社会的弊害(休職をめぐる問題/簡単にもらえる傷病手当金/しばしばもらえる障害年金/公費医療・サラ金・奨学金返済/給食費免除/その他の保障や利益/労働紛争の不思議な結末ー富士通四国システムズ事件)/第3章
精神科診療からみる現代社会(「何でも人のせい」という風潮/「何でも病気」という風潮/「『知らない私』のせい」という風潮)

広告