読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

私にとっては、外界ではなく、自分の内面が常に主戦場です。

f:id:nazenanido:20170122081008j:plain

睡眠の成功パターンをつかむ

就寝22時・起床7時 さすがに22時に寝ると6時半くらいには勝手に目が覚めます。昨日は思い切って、食べた後は、何か仕事をしたり、家事をしたりせずに思い切って寝ました。このパターンが良いですね。21時~22時には寝てしまい、朝5時台から活動できるのがひとつの理想です。十分可能だと思います。昨年の春はやってましたからね。

睡眠本の類として、一冊購入。なんだか変なタイトルですが・・
モテる男は昼寝をしモテる女は早寝をする~生まれ変わる睡眠7つのステップ~ Kindle版 長井 利正 (著), たなか やすひさ (イラスト), 関原 くみこ (編集) - ただの読書ログ
私は、むちゃむちゃ、睡眠重視派ですからね。睡眠本はかなり読んでます。

昨日、読んだ本

yoshinorihara.hateblo.jp
旧知の友人がすい臓がんに侵されているという噂を聞きました。ほぼ同時に2人も。友人を何人もすい臓がんで亡くしています。その知らせを聞いたときに鳥肌が立つのを感じました。じゃあ、いざという時、どういう治療を選ぶの?。この問いに、まだ私は答えを出していません。しかし、いざその時に、何かができるわけでもない。友人たちは、これが良い、あれが良いの嵐の中にいます。うむ、私にできることは何だろうかと考えました。まだ答えは出ていないのですが、少し考えたい点です。

先日、本屋さんでチラッと立ち読みした本があります。この機会に、がっちり立ち読みしてこよう!
がんは治療か、放置か、究極対決 近藤誠 - ただの読書ログ

まあ、社交不安障害とか、心理療法とか色々興味はあるのですが、いざ、すい臓がんの前には、その辺すべてかすんでしまいます。

今日、読む本

yoshinorihara.hateblo.jp
社交不安障害について知ってから、数冊本を読み、自己チェックをしましたが、まあ「軽度の社交不安障害」というところでしょうね。「重度」ではありません。これまで必死に頑張ってきて克服してきたところもあります。結婚してから、妻がこともなげに行うことを見て、驚いたということもあります。みんな苦労しながら乗り越えていると思っていたんですね。そういう意味では、早いうちに「社交不安障害」というレッテルを貼らなかったことはありがたいことでした。必ず克服できます。まだ、自分の弱さはありますが、一歩ずつ、克服しています。

私にとっては、外界ではなく、自分の内面が常に主戦場です。エネルギーが常に内に向くという意味で「内向型」、まさにその特徴を「強み」にしたいです。手放せない一冊がこちら。しっかり書評しようと思いつつ、良い本だなと思うと逆に、書けなくなる不思議。
参考:内向型を強みにする (フェニックスシリーズ) 単行本(ソフトカバー) – 2013/7/13 マーティ・O・レイニー (著) - ただの読書ログ

一歩踏み出したいこと

苦手なことから逃げ続けていたら、一生、克服できません。苦手だなと思う時、辛いと感じる時、感情が乱される時こそ、成長するチャンスだとみなしたいと思います。誰の本だったかな?「イライラしたときがチャンス!」と思うようにしていると、「イラチャン」を勧めていました。論理療法(REBT)に真剣に取り組んでから私もそう思います。感情の乱れは、新たな地平につながる扉となります。せっかくシグナルがあるので、それを逃さないこと。

なので、今日は「苦手」と感じることにひとつ取り組んでみたいと思っています。

広告