ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

あるがままに自閉症です!東田直樹の見つめる世界 東田直樹


あるがままに自閉症です
~東田直樹の見つめる世界~

過去に東田さんの動画を見て、そして本を読んで、本当に驚愕しました。自閉症の方の内面に対して、これほど自分が無知だったとは。驚きのあまり、しばらく言葉を失いました。小さいころから一緒に遊んでいた、自閉症のトモちゃんのことを思い出しました。新作が出ていたのを知りませんでした。最初に出会った時ほどの衝撃は無いのですが、ジワジワと考えさせられる良書です。東田さんを特集したドキュメンタリーなどをぜひ見てから、この本を読むことをお勧めします。

書籍内容

第1章 自閉症という僕の個性(話したいのに話せない/制御不能な身体/記憶とこだわりと気持ちの折り合い)/第2章
振り返って思うこと(学び/幼稚園・学校/家族)/第3章 生きやすくなるために(わかってほしい/支援)/第4章
「自閉症だから」じゃない(心地いい時間/独自の世界観/毎日をやり過ごす)

ブログ参加者とのやりとりから生まれた数多くのメッセージを厳選して加筆、書籍化。「自閉症の僕が跳びはねる理由」著作から7年、英語圏で翻訳された書籍は10万部の売り上げを突破。成人した著者はブログを書く事で自分の考えが整理されてきたと述べています。その内容には磨きのかかった東田直樹ワールドが詰め込まれています。ご家族や支援する方……何よりもこれから大人になろうとしている当事者への心のこもったメッセージがここにあります。「告知」「オウムがえし」「クレーン現象」「記憶の混乱」「診察」「苦しみ」「パニック」「障害者は純粋か」等々多数掲載。

広告