ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

「いい人だけどグズ」を直したい人が読む本ー仕事・人間関係のクヨクヨを晴らす考え方  斎藤茂太


「いい人だけどグズ」を直したい人が読む本―仕事・人間関係のクヨクヨを晴らす考え方

モタさんは強いじゃないですか。全然、グズじゃない。グズを応援するというより、けっこう説教じみた本ではあります。先延ばし癖という心の弱さに向き合うための「考え方」を学べます。

「そもそも、人にいわれなくても本人からして、「こんな心配性で内向的な性格は、直したい」と思っているのである。しかし、そう簡単に変わらないのが人の性格のやっかいなところなのだ考えるな、というのが無理な話ならば、せめて自分がどうにかできる範囲に考えを持っていきたい。・・・自分が「どのような行動に移せるか」に考えを集中すれば、堂々巡りからは逃れることができる。自分か行動した後どうなるかは、また次の段階の話。そうなってから、考えればよいことだ。」

考えすぎるより、行動しよう!そういうことじゃないかな。

書籍紹介

「うつとグズの応援団」を長年、自認してきた著者のアドバイス集大成。考えすぎてしまう人、行動力が乏しい人、要領の悪い人、損な性格だと感じている人、人間関係が苦手な人……「いい人だけどグズ」は悪いことばかりではないが直せるし、自分を見つめることで前向きにもなれる。共感と元気をもたらすモタさん本の登場。「世のため、人のため、なにより自分のためにもっとがんばろう」と思いながらも、「自分としてはがんばっているつもりなのに、どうもうまくいかない」「がんばりたいのに、がんばれない」という人々が前向きになれると同時に、周囲の人も生き生きできるような珠玉の応援メッセージが満載!

【目次】まえがき第1章 考えすぎてしまう人へ…自分をほめる習慣をつけよう第2章 行動力がない人へ…根拠がない自信を持ってみよう第3章
要領の悪い人へ…自分の足元を見直してみよう第4章 損な性格だと感じている人へ…損して得をとろう第5章 人間関係が苦手な人へ…感謝の気持ちを口に出そう

広告