読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

諺で読み解くロシアの人と社会 Kindle版 栗原成郎 (著), 阿部昇吉 (編集)


諺で読み解くロシアの人と社会

書籍内容

本書は「ロシアの諺の特質」の解明をめざしたものです。諺は本来、語呂の良さ、人間の本質を鋭く突いた寸鉄、人情の機微に触れた頓智、支配者階級の圧政をあてこすった皮肉などによって民衆に愛され、人の口から口へと伝えられた音声表現の言語です。ロシアの諺は、表現面と内容面の両面において考察する必要があります。
表現面においては、俚諺表現に固有のロシア語の韻律、文語と異なる民衆的口語の文法、比喩表現に注目しなければなりません。内容面においては、個々の諺が成立した時の歴史・時代・社会・文化・民俗的背景を考慮の入れなければ、それらの諺の意味や面白さが理解できない、と思います。
本書は、そのような考えに基づいて十年前に書かれ、東洋書店から「ユーラシア・ブックレット」№104として2007年2月に出版されました。版元の消滅により本書も書店から姿が消えました。「十年一昔」と言います。筆者もそれだけ年を取り、稿を新たにすることが困難な状況にあります。(あとがきより)

=目次=
はじめに
第Ⅰ章 諺とは何か
諺と諺風成句
音声言語としての諺
口承文芸としての諺
諺の比喩法
第Ⅱ章 農奴制のロシア
大地に生きる
富める者と貧しき者
農奴制のもとで
ヴォルガへ
商売上手
貴族の目から見れば
家畜とともに
すなどりびと
第Ⅲ章 ロシア人の食生活

諺にあらわれる酒
酔っ払いの登場
ロシア人の酒の飲み方・勧め方
食物
第Ⅳ章 ロシア人の家・家族・人生
農民家屋
蒸し風呂
ペチカを囲んで
家族
結婚まで
婚礼の宴のあと
浮気・不倫
子供
青年から老年へ
あとがき
参考文献

広告