読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

「Chikirinの日記」の育て方 Kindle版 ちきりん (著)

さすが、ちきりん。最近読んだブログ論の中では一番面白かったです。ちきりんさんの目標は、ブログをできるだけ育てること、場を作ること。ブログを踏み台にして出版をすることとか、セミナー講師になることではありません。出版をするのも、あくまでブログを育てるため、なのだとか・・。ブログを育てるためにブログを書く。無心にブログに向かい合う姿勢がここまでの人気ブログを育てたのだろうか。

炎上問題や匿名実名問題などに関しても、非常に冷静で、実社会で生きていくための賢さがある方だとお見受けしました。自分のブログやサイト戦略を考える上でも、大変参考になりました。

ちきりんさんのブログ運営方法から具体的に学ぶ点があったわけではないけど、「自分の頭で考える」ということ、そこにつきますね。

自分のアタマで考えよう――知識にだまされない思考の技術

自分のアタマで考えよう――知識にだまされない思考の技術

そんじゃーね。


「Chikirinの日記」の育て方

この本は、2005年3月に始まった社会派ブログ、「Chikirinの日記」の運営記です。

無名の会社員が“ちきりん”などというふざけたペンネームで書き始めた個人ブログは、現在、日々数万人の読者が訪れる人気ブログとなりました。

書き手の“ちきりん”は、実名はおろか詳しい経歴も開示せず、取材時の写真撮影でも“お面”を使って顔を隠しています。

そんな立場でありながら、これまでに 4冊の書籍を出し、定員
500人もの会場で講演会を開き、企業家や政治家、研究者からプロの勝負師まで、様々な方と対談するまでになったのです。

“ちきりん”はいったいどうやってそんなブログを育ててきたのか。この9年の間に何が起こり、それぞれの場面において、どんな判断をしてきたのか。本書では、これまでほとんど開示してこなかったブログ運営について、まとめています。

ブログテーマの選び方から、“そんじゃーね”が果たした役割、ツイッターの使い方、炎上コントロールの方法から匿名と実名の使い分け、そしてブログからの収入額まで、「Chikirinの日記」運営の実態とその裏側が初めて明かされます。

・本書はブログで成功するためのノウハウ本ではありません。あくまで“ちきりんブログ”の運営記録です。

広告