ただの読書ログ

ひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

「世界をよくする仕事」で稼ぐ― 三菱商事とドリームインキュベータで学び、サイバーエージェントに1億円で事業を売却した僕の働き方 単行本(ソフトカバー) – 2014/2/13 大澤 亮 (著)

ピース・トゥ・ピースの社長の本です。現在のビジネスにはあまり興味がわかなかったのですが、これまでの波乱万丈のビジネス人生がすごいです。さも、大成功のように、自分の人生を飾り立ててはいません。必然なのか、偶然なのか、良いタイミングで波に乗り続けて、事業の売却や転職を繰り返し、今のポジションに至っていますが、なかなか生々しい話が紡ぎだされています。

ヘッドハンティングされた土屋鞄でのお仕事の話など、ここまで話しちゃって大丈夫的ネタも魅力です。一気に読み通せました。まだまだ、進化途上の著者に注目です。


「世界をよくする仕事」で稼ぐ―
三菱商事とドリームインキュベータで学び、サイバーエージェントに1億円で事業を売却した僕の働き方

〈目次〉
プロローグ 地球に貢献する仕事とは
1 チャレンジ 挑戦と失敗を繰り返そう
2 海外へ 想いを実現する方法を探す
3 就職 貧しい人のために働きたい
4 起業 ITブームに乗る
5 新事業 成功するための3つの原則
6 再就職 コンサルティング会社で修業を積む
7 転職 会社経営に挑戦する
8 挫折 右脳型社員のマネジメント
9 成長と成功 僕が学んだリスクのとり方、運のつけ方
エピローグ 種を撒き続ける