ただの読書ログ

ひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

戦略読書日記<本質を抉りだす思考のセンス> Kindle版 楠木 建 (著)

戦略読書日記<本質を抉りだす思考のセンス>

戦略読書日記<本質を抉りだす思考のセンス>

これは掛け値なしに面白い本です。競争戦略を専門とする経営学者の楠木氏の書評集です。書評という形をとりながら、何度も著者の競争戦略理論を振り返ることができ「ストーリーとしての競争戦略」の背景も知ることができます。読まれた本をメタファとして用いながら、著者ととことん会話できるような、この感覚、まさに「しびれる」感じです。

ちなみに著者の興味の根っこには「芸論」があり、経営論との絶妙なマッチングが、他者との明確な差別化となっています。この感じ、ワクワク系マーケティングの小阪氏の本を読んでいた時と同じでした。すっかり楽しんで読みましたね!

最後のインタビュー・読書論も、本好きとして愉快なものでした。


【目次】>>

■序章:時空間縦横無尽の疑似体験
『ストーリーとしての競争戦略』 楠木建著
■第1章:疾走するセンス
『元祖テレビ屋大奮戦!』 井原高忠著
■第2章:当然ですけど。当たり前ですけど」
『一勝九敗』 柳井正著
■第3章:持続的競争優位の最強論理
『「バカな」と「なるほど」』 吉原英樹著
■第4章:日本の「持ち味」を再考する
『日本の半導体40年』 菊池誠著

■第5章:情報は少なめに、注意はたっぷりと
『スパークする思考』 内田和成著

■第6章:「バック・トゥー・ザ・フューチャー」の戦略思考
『最終戦争論』 石原莞爾著
■第7章:経営人材を創る経営
『「日本の経営」を創る』 三枝匡、伊丹敬之著
■第8章:暴走するセンス
『おそめ』 石井妙子著
■第9章:殿堂入りの戦略ストーリー
『Hot Pepper ミラクル・ストーリー』 平尾勇司著
■第10章:身も蓋もないがキレがある
『ストラテジストにさよならを』 広木隆著
■第11章:並列から直列へ
『レコーディング・ダイエット 決定版』 岡田斗司夫著
■第12章:俺の目を見ろ、何にも言うな
『プロフェッショナルマネジャー』 ハロルド・ジェニーン著
■第13章:過剰に強烈な経営者との脳内対話
『成功はゴミ箱の中に』 レイ・クロック著
■第14章:普遍にして不変の骨法
『映画はやくざなり』 笠原和夫著
■第15章:ハッとして、グッとくる
『市場と企業組織』O・E・ウィリアムソン著
■第16章:日ごろの心構え
『生産システムの進化論』 藤本隆宏著
■第17章:花のお江戸のイノベーション
『日本永代蔵』 井原西鶴著
■第18章:メタファーの炸裂
『10宅論』 隈研吾著
■第19章:「当たり前」大作戦
『直球勝負の会社』 出口治明著
■第20章:グローバル化とはどういうことか
『クアトロ・ラガッツィ』 若桑みどり著
■第21章:センスと芸風
『日本の喜劇人』 小林信彦著