ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

親の家を片づける―ある日突然、膨大な老親の荷物や家の整理と処分が、あなたの身に降りかかってきたら、どうしますか? (ゆうゆう特別編集) 主婦の友社 (編集)


親の家を片づける―ある日突然、膨大な老親の荷物や家の整理と処分が、あなたの身に降りかかってきたら、どうしますか? (ゆうゆう特別編集)

第1章 あせらず、あわてず、急がば回れ!始める前に、まずはひと呼吸!「明るい親家片」は心と体の準備から(今こそ、あなたの親家片ベストタイミング!!/小さな一歩 ほか)/第2章 相談しつつ、ひと休みしながらがんばりすぎない&後悔しない 「明るい親家片」進め方のコツ(あけてびっくり!親の家にはこんなものたちがぎっしり!!/できれば避けたいと、逃げ腰になる人が多いけれどまず、親と向き合うことがなにより大切 ほか)/第3章 捨ててすっきりとはいかないのが「親家片」。だから、その人なりの「儀式」が必要 悔いが残らない「捨て方」「残し方」の極意(「何を残すか」ここがいちばんの考えどころ!/「迷ったら」捨てなくていい ほか)/第4章 最後の親孝行ができた!と自分をほめよう。疲れない&後悔しない 幸せで穏やかな「親家片」のための6つの心の処方箋(疲れたら、ひと休み/「ひとり」でとり組むときは ほか)

15例の親の家の片づけ例が載せられています。必ずしも相続だけではなく、介護施設に親を入れるため、同居のため、といろいろですが、どちらにせよ、親の家の片づけとは、相当の荷になることが分かりました。今もって、手つかずの案件が、うちもあります。考えだすと、しんどいです。

同じシリーズで親の家を片づける 土地 建物 相続問題 (ゆうゆうBOOKS)、この本もありますが、こっちのほうが、土地建物をどうするか?という切迫した問題を扱っている感じがしました。良いときに、これを読んでみようと思います。

広告