ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

おかげさまで、ご紹介で営業しています。 鎌田 聖一郎 (著)すばる舎

いわゆる肉食系営業ノウハウではないけれど、私からすると、いわゆるまさに営業マンという人の本でした。


おかげさまで、ご紹介で営業しています。

ソニー生命のトップ営業マンです。お客様のためなら、どこまでもやる!この決意を持ち、それを維持し続ける人というのはめったにいないと思います。顧客が4000名いるようですが、今でも連絡を取り続けている(メール・はがき)ようです。とにかく、自分からは人を切らない。徹底的に「つながり」を大切にする営業マンです。

ソニー生命の営業マンはライフプランナーと呼ばれ、保険以外にも、生活全般のアドバイスをするのだとか(本当に?)。とことんまで、お客さんとのつながりを大事にし、契約してもしなくても4-5回の面談を行うようです。非効率と言われるかもしれないが、これが、紹介をとぎらせないコツだと言っています。

ノウハウは分かっても、ここまではできないなと思う人のほうが多いのでは?しかも長年にわたり。少なくとも、私は無理かなと思ってしまいました。菊原さんの営業レターのほうが、ストンと入りやすいです。自分は、鎌田さんの方法は無理かなと思いますもんね。

今でも鎌田さんは現役セールスマンのようですが、結局のところは営業が「天職」ということじゃないかな?このブログの記事に、なんとなく納得するんですよね。結局、内気だけど営業やってました、という人は、どこかで、営業からいわゆるコンサル系に鞍替えしますよね。やり続けるのキツイんですよね。ノウハウをモノにしても。これは変わらない。人は変わらないってのはしょうがないですね。

参考:人見知り内気コミュ障だが先月営業成績一位になった話


内容


おかげさまで、ご紹介で営業しています。

鎌田氏は、顧客、そしてソニー生命の社員から絶大な信頼を得ている素晴らしい営業パーソンです。
鎌田氏に初めて執筆依頼をしたとき、じつは「自分は著者という柄ではない」という理由で断られたのですが、
鎌田氏ならば、業績が上がらずに苦しんでいる営業パーソンのためになる本が必ずつくれるとの確信があったので諦めきれず、出版に乗り気でない著者を何度も説得して引き受けてもらいました。
企画が動き出してから1年あまり、紆余曲折を得て、このたびようやく出版となりました。
本書は、ここまで具体的に明かしても大丈夫なのだろうかとこちらが心配になるほど、鎌田氏の活動内容をあますところなく公開しています。ぜひ、ご一読下さい。

目次

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 私がご紹介で営業するようになるまで/第1章 「契約につなげる」発想を手放すと、ご縁が広がる/第2章 お客様との「関係」を深めるためのストーリーを組み立てる/第3章 お客様の「気持ち」を置き去りにしない心がけ/第4章 お客様との「出会い方」にも気を配っていますか?/第5章 一番大切な仕事は、契約後に始まる/終章 お客様を応援する人が、お客様に応援してもらえる

広告