ただの読書ログ

ひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

医者いらずの食 (veggy Books) 内海 聡 (著) (キラジェンヌ)

栄養学や食のお勉強を始めると必ず出会ってしまう「内海氏」です。アホとか馬鹿とか、グーミンとか、ののしられるので、あまり内海氏の本は読まないのですが(汗)、言っておられることは至極もっともで反論の余地はありません。実際に、精神科医として薬剤や医療業界の裏を見たからこそ、振り切れてしまったというところがあるのでしょう。厳しいご指摘の中に、時に見られるやさしさとか、愛情にハッとさせられます。

でも全体的に怖いんですよ。


医者いらずの食 (veggy Books)

1 なぜ健康のために食事を大事にしなければいけないか(「医原病」が作られる構図/薬害の実態 ほか)/2 どのような食事法を意識すべきか(正しい食事法という嘘/「肉食がいい」「草食がいい」という愚考 ほか)/3 食事・食品ビジネスの問題点(ホルモン剤や抗生物質の危険性/農薬の危険性 ほか)/4 医者いらずの食、目的別メニュー(放射能防御のための食/精神安定のための食 ほか)