ただの読書ログ

ひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

2016年8月ランキングおすすめ本

今月は、kindle読み放題サービスが始まった記念すべき月です。そして、それに乗じて、本を読みまくりました。とても楽しい日々です。学生時代に帰ったかのような読書生活を、タブレット片手に送っています。

思い付きではじめますが、今月読んだ本からベスト3をご紹介します。

2016年8月のおすすめランキング(トップ3)

1位

yoshinorihara.hateblo.jp

アクノレッジメントという言葉を初めて知りました。コーチングの深さに震えました。単に「ほめる技術」にとどまりません。今月は特に仕事で大勢の人と接する機会が多かったので、心の中で「アクノレッジメント」を唱えながら、「ほめまくり」ました。こちらも非常に気分が良いものです。これは一生もののお勉強になります。

この流れで、セルフトーク・マネジメントのすすめ 日本実業出版社 鈴木義幸 (著) - ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)も読みました。鈴木氏の誠実な語り口と、実践的なノウハウが素晴らしいと思いました。Kindle読み放題が始まらなければ、出会うことがありませんでしたので、もう、この出会いに感謝して、この本が堂々の一位です。

2位

yoshinorihara.hateblo.jp

自分がいかに言い訳をしながら生きているかを痛感しました。やりたくてやっているはずのお勉強なのに、「やらされている」ような口癖を持っていることに気づきました。深いレベルで、ビシッと怒られたような感覚がありました。読んでから、しばらく愚痴を言えなくなるくらい影響力のある本でした。この本をきっかけに、さらに、個人でのお勉強にはずみがついた感があります。

3位

yoshinorihara.hateblo.jp

ドーパミンについて知ることができました。7つの脳内物質が出ていますが、まずはドーパミンだけでもお腹いっぱい、それくらい、新しい発見が多かったです。本がマーカーだらけになったのが印象的な一冊。お腹いっぱいすぎて、あまり書評ができませんでした。折に触れて読み返せればよいなと思っています。

2016年8月の振り返り

今月は記念すべき月となりました。なんといっても、Kindle読み放題サービスが始まったのが大きいです。おかげで、実に多忙な月だったにも関わらず、50冊以上のKindle本を読むことができました。
yoshinorihara.hateblo.jp

Kindle本は書評も非常にしやすいですし、かさばらないし、もう文句のつけようがないです。話題の本は読めないとか、いろいろKindle読み放題も、文句も言われますが、私にとってみれば、文句のつけようがありません。素晴らしいサービスです。

まあ、しかし、読みすぎ。タブレットの使い過ぎで目は痛くなるし、時間はなくなるし、いくらでも本は読みたいし。時間の使いかたの点で、改めて自分の弱みが分かったような形になりました。これは、これで注意しなきゃと思いました。

また、健康本をいくらでも読めるぞと意気込んでいたのですが、ふたを開けてみると、仕事術や勉強本、自己啓発本ばっかり読んでいます。いざ、読み放題になると、今の自分の関心度が分かります。どうも、あまり健康には関心が無いのではないか?と・・笑

2016年9月の目標

あまりにも濫読が激しくなってしまいました。これは、これでよくないのです。多分にADHD傾向があるので、黙っておくと、本に気が散らされて人生を終えてしまいます。読むべき本とそうではない本。人生の時間は有限なので、もうすこし、時間を上手に使えるようにしたいですね。

そこで、9月は、冊数制限をして、1日2冊を上限にして、読むべき本をじっくり読んでいこうと思います。1冊は健康本、もう1冊はその時読みたい本(おそらく仕事術・勉強法・ライフハック本)を流し読みします。これは夜の時間にくつろぎの読書です。黙っておくと、1日4-5冊ペースで読んでしまいます。さすがにここまで行くと、時間が奪われすぎますので。