ただの読書ログ

ひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

脳内物質仕事術 マガジンハウス 樺沢紫苑 (著)

これは・・・良い本すぎて紹介もできません!

とにかく、マーカーだらけ。最初のページから、最後のページまでマーカーを引きっぱなしで読みました。いろいろ、やる気を起こすノウハウや理論はありますが、脳内物質にフォーカスして書かれた本は無かった。

「精神科医だから書ける「オンリーワンのビジネス書」」と銘打ってますが、まさにその通りでした。非常に興味深い一冊で、なかなか書評も書けません。今も読み直し中です。

f:id:nazenanido:20160821210803j:plain

脳内物質仕事術

内容

「人間の脳の仕組みは、非常に複雑で難解ですが、シンプルに考えると意外に理解しやすいものです。人間の行動は、大きく分けると2つしかありません。「快」刺激を求めるか、「不快」刺激を避けるか。」

快の刺激に対しては、ドーパミンとエンドルフィン。不快の刺激に対しては、ノルアドレナリンとアドレナリン。そして、休むときはしっかり休む。

また、脳内物質を適量分泌させるには、規則正しい健康な生活習慣が不可欠です。メラトニンを出して熟睡し、午前中からセロトニンを活性化する。昼はアドレナリン全開でバリバリ働き、夜はアドレナリンをオフにしてリラックス。仕事も頑張り、休みもしっかりとって、さらに明日も100%頑張れる健康な生活習慣です。

メラトニンとセロトニン、アセチルコリン。すべての脳内物質がつながっており、どうしたら自分をもっと効率的に動かせるかが良く分かります。これは読んでから、ほかのビジネス書を読むべきですね。今までこれくらいクリアな本は読んだことがありません。もっとも、専門家に言わせるとざっくりしすぎて批判もあるかもしれませんが、私たちビジネスマンにはこれくらいでちょうど良い。

とても良い本です。

目次

・ほどよい難度がもっとも効率を上げる~ドーパミン仕事術
・恐怖とプレッシャーで最速の効果を~ノルアドレナリン仕事術
・夜の会議は空腹でするな~アドレナリン仕事術
・成功したければカーテンを開けて寝ろ~セロトニン仕事術
・入眠前にゲームやパソコンはするな~メラトニン仕事術
・やる気と閃きを自在にコントロールする~アセチルコリン仕事術
・脳内麻薬を味方につける究極の仕事術~エンドルフィン仕事術

印象的なコメント

実はマーカーを引いた個所が100以上あって選ぶのが大変ですが、印象的だったコメントを何とか選びたいと思います。あとは買って読んでね!

ドーパミンの強化学習

目標が実現されたとき、ドーパミンは分泌されます。あなたの仕事がうまくいったときなどに、「やった!」という達成感とともに分泌されるわけです。その結果として、幸福感に満たされます。さらに言えば、目標や計画を立てた時点で、すでにドーパミンは分泌されています。目標に取り組むことにワクワクして、モチベーションが上がっていくのはそのためです。

この結果、行動と快感が結びつきます。特定の行動をとることで、快感が得られることを脳が学習するのです。そして、また快感を得たいがために、同じ行動をとるようになります。しかも2度目の行動では、前よりも大きな快感を得られるように「工夫」をするようになります。この結果、より大きな快感が得られます。その次は、それまで以上の快感を得るために、それまで以上に工夫して行動します。こうして「快感を得るための創意工夫」をくり返すわけですから、自然と多くのことを学習していきます。当然ながら、自己成長が促されます。この一連のサイクルは、ドーパミンの「強化学習」と呼ばれます。

「目標」に関して、興味深いのは、ドーパミンは二度出るということ、いや、うまくやれば三回出る。目標を立てたとき(ワクワク)、目標を達成した時(ヤッター)、ほめられたとき(よくやったね!)。ドーパミンは幸せホルモンともよばれます。ドーパミンが出ると、人は幸福感を味わいます。これが欲しくて、何度も何度も、目標を立てては、実行するを繰り返すわけですね。

しかも、同じ刺激では、快感は薄れていくので、さらに強度の高い目標を定めてそれを実行するようになる。これが、人が果てしなく進歩を目指していく、種明かしです。この「ハマっていく」過程は、依存性のあるギャンブルや、薬物ともほぼ同じ。しかし、この力を善用して、常に高みを目指し続ける「目標達成」に使えたら、これほど強いことは無い。

うーん。これを知れただけでも良かった。知識は力なのだということがよく理解できます。ドーパミンに関する章は、ほとんどマーカーを引きっぱなしでした。

午前中は論理作業に向き、午後や夜は創造的作業に向く。

文章を書く。翻訳・語学の勉強などの言語活動。高度で複雑な計算。論理的で冷静さを必要とする重要な決断。こうした仕事に取り組むときに、午前中のゴールデンタイムが向いています。また、全体を見通すような仕事、例えば「ToDoリストを書く」「目標設定」「計画立案」などもいいでしょう。
午後になると脳は疲れてきて、高度で論理的な作業効率はみるみる低下していきます。


実は午後から夜にかけては、アセチルコリンが分泌されやすくなってきます。午後にちょっと眠気が差すような状態というのは、アセチルコリンの活性が高まって、シータ波が出やすい状態とも言えるのです。つまり、午後になると脳が疲れてくるのは、チャンスでもあるのです。論理による思考の縛りがゆるくなり、思いがけない発想ができるからです


 クリエイティブな活動、創作活動というのは、常識や既成概念を越えたものを生み出す必要があります。「○○でなければならない」という論理に縛られるほど、セオリーどおりの思考や発想に陥ってしまい、奇抜で奇想天外な思考はできなくなっていきます。  夜や深夜になると、そうした「論理思考の縛り」が弱まるとともに、アセチルコリンが出やすくなり、「創造的な活動」に向いた状態になるのです

アセチルコリンの項で興味深かったのが上記の説明。アセチルコリンが出だすと、論理的な脳の働きというのは保てないのですが、それが逆にチャンスともなります。これをつかって、ひらめきを生み出すことができるというわけです。ボーっとしているときや、眠たい状態のときこそ、論理的な思考を越えた何かが降ってくるチャンスでもあります。そこで、あえて、夜の時間にはひらめきを生むような仕事を持ってくるわけです。

私は夕方から午後にかけては、もう実働はせず、仕事に直結する読書などを行うようにしています。一瞬のひらめきを逃さないように、ノートとペンを用意しながら、Kindleで数冊の本をつまみ読みしていきます。マーカーを引きながら、大事な点を「イケス」に入れて・・・。そして、頭の中で、既存の知識と、今入ってきた知識が結合するようにシャッフルしていきます。

夜の時間のぼんやり読書にはずみがつきそうです。

それに加えて、戦略的な昼寝も活用していきたいと思います。インプットを行った後に、目を閉じて脳を休めるとともに、ひらめくための昼寝に入ります。レム睡眠が始まり、軽く夢などを見ると(夢を見る時のレム睡眠ではアセチルコリンが分泌されているそうです)その瞬間にひらめくかもしれません!

f:id:nazenanido:20160831141642j:plain

知的作業の風景が変わりますね。ただでさえ、昼寝しているのですが、奥さんから怒られそうです、笑

まとめ

着眼点が素晴らしいですし、やはり、これは樺沢氏しか書けない本でしょう。ちょこっと、偏見があって、あまり樺沢氏の本は読んでこなかったのですが、最近読んだ本はことごとく当たりです。多作でも、ある程度の質を保ち続けながら、興味深い本をどんどん書けるんですね。これは読んでよかったと思います。チャンスがあれば、ぜひ、ご一読ください!


脳内物質仕事術