ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

BlogArts: 書評記事の書き方 Kindle版 倉下忠憲 (著)


BlogArts: 書評記事の書き方

書評ブログを運営していますので、一度読んでみたいと手に取りました。ば~っと走り読みでしたが、書評の際の7つの質問。この質問集を活用して、記事を書く際のテンプレートを自分なりに作り込んでみようと思いました。

質問1:購入の経緯は?

質問2:本の対象読者は?

質問3:著者の考えはどのようなものか?

質問4:その考えにどのような印象を持ったか?

質問5:印象に残ったフレーズやセンテンスは何か?

質問6:類書との違いはどこか?

質問7:関連する情報は何かあるか?

特に、類書や関連する情報を充実させていくことで、自分の知のネットワークがより一層つながりやすくなるのではないか?と思いました。これはいいですね。さっそくやってみよう。

あと、この教え。これも忘れずにいたい。

何もかもやるほど、時間は無いのだという事実です。大事なことに自分の人生の時間を使おうと思います。

広告