読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

頭は「本の読み方」で磨かれる: 見えてくるものが変わる70冊 三笠書房 茂木 健一郎 (著)

読書術 脳科学 自己啓発

f:id:nazenanido:20160812070749j:plain

頭は「本の読み方」で磨かれる: 見えてくるものが変わる70冊 (単行本)

この本を買った理由

読書術、メタ本が好きで、つい手に取ってしまいます。茂木さんの本は自分の言葉でしっかり描かれているので、退屈しないで読めるという確信もありました。結果、かなり面白くて、前書きだけ読むかな?と手に取ったら一気に読んでしまいました。おすすめ本も数冊買ってしまうという影響の受け具合です。ははは。

目次

1 これが“自分の頭で考える力”をつける第一歩ー本を読む人、読まない人、そこに圧倒的な差が生まれる(頭がいい人は、どう本を読み、どう活かしているのか?/メリット1 読んだ本の数だけ、高いところから世界が見える ほか)/2 こんな「教養のある人」こそが強いー仕事、人間関係、幸福…あらゆることは、読書に左右される(「優等生」ではなく、「オタク」を目指す/地頭のよさは、こうしてつくられる ほか)/3 「自分を成長させてくれる本」の見つけ方ー「上質な文章」に触れることが、何よりも脳を鍛える(文学界の教養王「夏目漱石」/まずはこれを読めージャンル別「チャンピオン」 ほか)/4 知識を吸収し、人生に活かす技法ー膨大なデータを血肉にする「7つの絶対ポイント」(絶対ポイント(脳には「雑食」がよい/「複数」を「同時進行」で ほか))/5 「一生使える財産」としての厳選10冊ー「知の宝庫」から、本当に必要なものを盗め!(複雑な時代に立ち向かうーその“姿勢”/「国家」と「自分」を理解するー自由を考える一冊『選択の自由』 ほか)

内容

脳は「言葉」と向き合うときに、
一番成長する!--茂木健一郎

本の読み方ひとつで、
人は大きく変わることができるのだ。

最新テクノロジーから、文学、芸術、経済学にいたるまで、
縦横無尽の知識と鋭い知性を持った
脳科学者の「頭の中」を明らかにする、完全読書ガイド!

◎頭のいい人は、何を、どう読んでいる?
◎「話のネタ」にしたい本を選べ
◎今の自分より「ワンランク上」と「ジャンル違い」を意識する
◎1日たった10ページ!「同時進行で、複数読む」
◎「積ん読」も、確実に脳の肥やしになる――その理由
◎今、読んでいる本が、「あなたはどういう人間か」を物語る

印象的なコメントトップ3

「勉強というのは、読むことだよ」

勉強というのは、机にかじりついて暗記をしたり、計算をしたりすることのように世間では思われているようですが、ぼく自身、ケンブリッジ大学に留学していたときに「勉強とは読むことだ」ということを悟りました。  博士課程の大学院生や研究者など、脳科学のプロたちが集まって、研究室で何をやっているか。それはズバリ「読む」ことなのです。  ぼくの研究室の週一回のゼミでは、世界中で発表されている膨大な論文の中から、ゼミ生たちが選んだものを読んで報告し合っています。


こんなふうにして「読む」のは、「自分以外の誰かの目線に立つことができるかどうか」が科学の重要な要素だからです。科学の特徴といわれる、「客観的にものごとを見る」能力、「自分を離れて徹底的に検証する」能力は、結局「自分以外の人の気持ちになる」能力であり、決して非人間的な、冷たい能力ではないのです。  科学にかぎらず、知性というのは「どれだけたくさんの人の立場で考えられるか」ということだとぼくは思います。それは「読む」ことによって養われる力なのであり、知的活動の現場で、実際に重要視されているのが、積極的な読書なのです。

脳科学の勉強というのは実際には「読むこと」なのだということを説明している一節です。ほとんどの勉強は、実際に「読むこと」と深く結びついているかもしれません。何かを勉強しようというとき、机にかじりついたり、暗記カードを作ったりするより、興味を持ったことをとことんまで、掘り下げていって「読みまくる」ことが、実際には勉強になるかもしれませんね。

yoshinorihara.hateblo.jp

学校に行かなくても、有名な先生に師事しなくても、まず自分でできることがいろいろありそうですね。濫読でもOKなのですが、体系的な読書もやってみたいですね。

海外の本を読んでみる

海外の本を読むことも、「知性」のためには、格好のトレーニングになります。 翻訳書は、舞台も外国ですし、表現がまどろっこしくて読みづらいと言って、避けている人も多いようです。しかし、ぼくは海外の翻訳書を読むこと(いずれは原書で読むことを目指しましょう!)を強くおすすめします。  

もちろん、翻訳文の上手・下手というのはあるのでしょうが、「読みにくい」というのは、実は日本とは「前提条件」が違うからなのかもしれません。  翻訳書をたくさん読んでそれに慣れることで、海外ではどんなことが前提とされているのか、自分が暗黙のうちに前提にしていたことは何なのかに気づくことができるでしょう。もしかすると「日本の常識は、海外の非常識」ということがわかるかもしれない。

海外本は、私もあまり得意ではありません。翻訳の問題と思い込んでいましたが、茂木氏が述べるように、前提条件が違うので理解しがたいと感じるのかもしれませんね。これは、ハッとさせられる指摘です。茂木氏はTEDの例を引き合いに出していますが、あらゆる分野のプロ、しかも世界に通用するレベルのプロを見ると、ほんと、引き締まるわけです。まだまだ甘いなと。「ラスボス」(ラストに出てくるボス)と表現していますが、日本と世界には、学問的にも思想的もまだまだ越えられない壁が大きいことを自覚するのも大切です。

もう少し海外本にも積極的に手を出してみようかしら、と思いました。

電子書籍か紙の書籍か?

自分でもともと狙いをつけていた本を買うにはネット書店はとても便利ですが、一方で、知らない本に出会うことは意外と難しい場合があります。  書店や図書館に行ってみると、バ〜ッと一気に本の海を俯瞰できて、自分を呼んでいるような本にフッと行き当たるようなことも多いものです。  本が一覧できることで、今の自分に何が足りていないのか、今欲しいものはどういうジャンルの本なのか、〝体〟が求めているものが見つけられる。


街の本屋さんや図書館だったら、ただ歩いているだけで、自分のまったく知らないジャンルに出会えます。書店が推している本もすぐわかるように置いてあるし、店によって置かれている本も違うから、センスの合う店に行けば、自分は知らなかったけれど、心のどこかで求めていたような本には、出会いやすい。


全体を楽に見渡せることによって起こる意外な出会いが、ぼくにとっては、自分の範囲を一気に大きく広げる役割をしてくれた気がします。


電子書籍と紙の本では、読んだ後に本に書かれていた事実を覚えている、ということではあまり違いはないけれど、出来事の出てくる順番や時系列は、電子書籍で読むほうが混乱しやすい、という研究報告もあります。  紙の持っている「見渡しやすさ」が、全体の中で出来事をとらえるということに効果的に作用するのかもしれません。

私も図書館や、ブックオフが大好きです。本棚を見て歩く、そして、本の背だけを見て、今、自分の目に引っかかるものをきっかけに内省を繰り返す、あの場がたまらなく好きです。ストレスが高じてくると本がいっぱいある場所を歩くだけで楽になります。もちろん、電子書籍よりも紙媒体のほうが100倍好きのです。

しかし、その一方で最近はタブレットを使った読書にも可能性を感じます。ビジネス書や健康啓発本、ハウツー本の類ですと、タブレットを使ってkindle本を読むと3-4倍のペースで読めることに気づきました。読み流しにはぴったりです。4-5冊を並行して読んでいます。頭にどれだけ残るか?ということに関しては、あまり変わらない印象です。

茂木氏の言うように、後で、書いている場所を探そうと思うと、それは大変なのだけれど、マーカーをつけたり、ブックマークをつけたり、紙の本にはできないことも、かなり魅力的です。

yoshinorihara.hateblo.jp

しばらくは紙本とタブレット読書の併用をしていきたいと思います。だんだん、電子の割合が増えるかも?と感じています。

まとめ

いや、面白い本でした。茂木氏が、何度も強調しているように、本を読めば読むほど、「地頭」が鍛えられます。ほんと、本が好きなんだな!と感じるコメントが多く、本をともに愛するものとして、価値観を共有できるような、うれしい感覚がありました。茂木さんの書評もとても上手だったので、おすすめされている本を数冊買ってしまいました。

1冊の本を通じて、一生出会う可能性が無かったかもしれないものに出会っていく、これが快感ですね。


頭は「本の読み方」で磨かれる: 見えてくるものが変わる70冊 (単行本)

買った本はこちら

宇宙からの帰還 (中公文庫)


イワン・デニーソヴィチの一日 (新潮文庫)

広告