ただの読書ログ

ひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

「ただしい」疲労回復術: 運動、食事、睡眠、サプリメントからストレス対策まで Kindle版 木村健治 (著)

f:id:nazenanido:20160805115300j:plain

「ただしい」疲労回復術: 運動、食事、睡眠、サプリメントからストレス対策まで

この本を買った理由

kindle本の中でベストセラーになっていました。またレビューも高かったので読んでみました。私も口癖が常に「疲れた」ですので、これは治したいなと。

目次

第一章 なぜ、あなたの疲れはとれないのか
第二章 疲れの原因7分類
第三章 疲労原因物質を摂っているへの対処
第四章 疲労回復に効くものを摂れていないへの対処
第五章 栄養分が、体内で運搬されていないへの対処
第六章 栄養分が貯蔵・変換されないへの対処
第七章 疲労原因物質が、体内から排出されないへの対処
第八章 体に負担をかけ過ぎているへの対処
第九章 体の疲労回復作用を活かせていないへの対処

内容

世の中には、たくさんの「疲労回復術」がある。
・マッサージ
・食事
・サプリメント
・運動
等、挙げればきりがない。

疲れているから、これらの方法を試してみる。例えば、日々の生活に「運動」を取り入れてみる。
しかし、疲労が取れない。

これは、一体なぜか?

それは、あなたの選択した「疲労回復術」が、あなたの疲労の原因に合っていないためだ。

本書には、まず、代表的な疲労の原因が書かれている。自分の疲労の原因を探ってほしい。
続いて、疲労の原因別に、疲労からの回復方法が書かれている。自分の疲労の原因に合った「疲労回復術」を学んでほしい。

疲労回復に役立つ食べ物・サプリメント、疲労の原因になる食べ物、運動の仕方、睡眠のとり方等々、疲労回復に役立つ知識は出来る限り、本書に記載した。
本書を読めば、あなたの疲労を回復する方法が、きっと見つかるだろう。

まとめ

7つの疲労の原因と解決策が網羅されています。確かに疲労の原因は一様ではありません。近年の健康啓発本は、偏りが著しいです。「○○さえすればOK」というものが多いですが、実際には物事はそんなに簡単ではありません。その意味で著者の主張に頷けます。しかし、テーマを絞り込まなかったことで、いくぶん、書籍の情報密度は薄くなり、インデックスのような情報源になっている感じは否めず。

結局のところ、自分の疲労がどのパターンかを見極めるというのが一般人にはなかなか難しいですね。私は、健康記録みたいなものを地道につけていくのが良いのではないかと思っていますけど。


「ただしい」疲労回復術: 運動、食事、睡眠、サプリメントからストレス対策まで