ただの読書ログ

ひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

メンタル・タフネス ストレスで強くなる ジェームズ・E.レーヤー(TBSブリタニカ)

f:id:nazenanido:20160711072119j:plain

メンタル・タフネス―ストレスで強くなる

この本を買った理由

我ながらストレスに弱い男だと自覚しています。一流のスポーツ選手のメンタルトレーニングについて知りたくて、この一冊を手に取りました。ストレスは必ずしも悪いものではないということを理解できます。ストレスをコントロールするのは技術ですよね。

目次

序章 あなたの「常識」は間違っている/第1章 タフになるにはどうすればいいか/第2章 現実と向き合おう/第3章 感情を制する者はタフネスを制する/第4章 「儀式」が成功を呼ぶ/第5章 「演じるスキル」があなたを変える/第6章 「心の準備運動」をしよう/第7章 ストレスが人を育てる/第8章 とびきりの回復を手に入れよう/第9章 ウェーブを描いて生きる/第10章 キーワードは「エネルギー」/終章 自分に出会うータフネスを求めて終わりなき旅に出よう

まとめ

肉体のコントロールと、精神のコントロールは、ほとんどつながっています。早起きを身に着けていたのはラッキーでした。ともあれ、自分にメンタル・タフネスが大いにかけていることに気づきましたし、ここに注力して、ここを克服しないと、いつまでもうつうつとすることが理解できました。今こそ、思いっきりメンタルタフネスのトレーニングを実践してみようと思います。

これからしばらくは、自分にぴったりの目標づくりです。やる気がモリモリわいてきました。2時間近くで読了しましたが、久々に、興奮を覚える素晴らしい本でしたね!


メンタル・タフネス―ストレスで強くなる

同じ著者の本を何冊か読んでみました。
yoshinorihara.hateblo.jp