ただの読書ログ

ひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く 生田哲 講談社α文庫

f:id:nazenanido:20160709193113j:plain

ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く (講談社+α新書)

この本を買った理由

アマゾンで高レビューです。ちまたの、特に西洋医学の医師からは、評価の低いビタミンC療法ですが、実践者からの声は非常に厚い人気を誇ります。実際に、私も自分の体で試して、効果を実感していますが、理論が分かるとより一層実践しやすいですね。

目次

第1章 ビタミンCが「がんを殺す」という衝撃的事実
第2章 「真実」にいたるまでの長い戦い
第3章 ヒトから失われた「ビタミンC合成能力」
第4章 がん以外にも驚くべき効果がある
第5章 「劇的な効果」を得るための摂取方法
第6章 ビタミンCは安くて、しかも副作用がない

まとめ

ビタミンCの理論にとどまらず、ビタミンC療法がどのように発展してきて、どのように攻撃されてきたのか、その歴史を垣間見ることができます。さまざまなビタミンC療法の本出てますが、まずはこの一冊で概観できます。お勧めです。


ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く (講談社+α新書)