読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

葬儀

週刊エコノミスト 2014年 7/15号 [雑誌] Kindle版 週刊エコノミスト編集部 (著)

週刊エコノミスト 2014年 7/15号 [雑誌]作者: 週刊エコノミスト編集部出版社/メーカー: 毎日新聞社発売日: 2014/07/07メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る貧困、孤立をさけるための「おひとりさま」ライフプラン 【特集】親と子で考えるおひとりさ…

法律の専門家たちが教える 今すぐはじめられる終活ナビ Kindle版 レイ法律事務所 (著)

法律の専門家たちが教える 今すぐはじめられる終活ナビ作者: レイ法律事務所出版社/メーカー: ごきげんビジネス出版発売日: 2016/04/08メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 書籍内容 【目次】 第1章 「もめてからでは遅い!」相続は事前準備がとっ…

週刊東洋経済 2015年8/8-15合併号 [雑誌] Kindle版 週刊東洋経済編集部 (著)

週刊東洋経済 2015年8/8-15合併号 [雑誌]作者: 週刊東洋経済編集部出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2015/08/03メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 書籍内容 【第1特集】お寺とお墓の大問題 図解 お寺・お墓・お葬式。3つの問題は複雑に絡…

これからの死に方 (平凡社新書) 新書 – 2016/3/17 橳島 次郎 (著)

これからの死に方 (平凡社新書)作者: 橳島次郎出版社/メーカー: 平凡社発売日: 2016/03/17メディア: 新書この商品を含むブログ (2件) を見る葬儀ジャンルの本だと思い手にとりましたが、読んでみると、どうもそうとは言い切れない。著者は生命倫理の研究者で…

法律の専門家たちが教える 今すぐはじめられる終活ナビ Kindle版 レイ法律事務所 (著)

それなりに興味深い内容がありました。相続分野では、信託と、負担付遺贈の違いなど。葬儀では手元供養の一種と言えるでしょうか。供養家具という興味深いジャンルを知れました。いくつかブックマークしたので調べてみようと思います。 新しく知ったこと 「…

ポックリ名人。 単行本 – 2009/10/2 帯津 良一(著)

達者でポックリの続刊です。今度は、実際にポックリ逝ったポックリ名人について帯津氏が語ります。実は、氏は、達者でポックリを書いた後に、奥様をまさにポックリ亡くしています。どんな気持ちだったのか・・・実に正直な気持ちが書き表されています。これ…

達者でポックリ。 単行本 – 2008/10/1 帯津 良一 (著)

ポックリ死ぬための「養生」という考え方が新鮮です。そんなのあるの?って。私の祖母は、97歳でほんとにポックリでしたので、ある意味、帯津氏の理想なのかもしれません。まあ、その亡くなり方が本当に良いかどうかは微妙ですけどね(家族的に)。帯津氏の…

終活にハマる女たち (Wedgeセレクション No.39) (WEDGEセレクション)

男性にはなかなかキツイ一冊です。 男性の逃避 「なぜ、終活女性が主役の取り組みになるのか。それは、男性よりも寿命が長いということもあり、女性のほうがしっかりと自分の最期を見据えているということだろう。子どもや親戚がいなければ、看取ってくれる…

これで安心!葬儀とお墓の疑問解決ブック Kindle版 ゆうゆう編集部 (著)

総論的な葬儀本(ムック)なのでザッと目を通しただけですが、今まで、あまり関心を持って来ませんでしたが大事な点に一つ気が付きました。それがお墓の行方。もはや誰も守る人がいなくなる墓を「改葬」する。もしくは永大供養墓にしてもらう・・など、遺骨…

まんがで読む会葬マナーとはじめての喪主ガイドブック Kindle版 神垣忠幸 (著)

いわゆる一般的な仏式葬儀のマナー本です。私は直葬・シンプル葬派なので、あまり興味を持ちませんでしたが、一般的なマナーを知るために読みました。ところどころ、脚注にあるように、仏教本来の意味も失っていたり、単なる迷信だったり、現在の「一般的な…

お葬式をどうするか 日本人の宗教と習俗 (PHP新書) ひろさちや

真面目な仏教学者だからこそ、現在の葬式仏教の時代を嘆くという感じですね。檀家制度が始まったあたりから、いかにして、当時の仏教が「悪乗り」を繰り返して、今に至るか、その経緯が分かりました。お金と宗教は切り離しておかないと、やっぱり駄目ですね…

死んでもダマされない 葬儀屋が教える通夜、葬式、火葬、香典など18のウソ・ホント impress QuickBooks Kindle版 鈴木 愛美 (著)

葬儀本を何冊も読んでいる私からすると、非常に基本的なことしか書いていない印象がありました。葬儀屋の暴露本なのかと思って少し期待したので、ちょっと、肩透かし感がありますかね。新しい知識という意味ではあまり得られなかったかな?葬儀本、暴露本だ…

多様化する生きかた、死にかた: 終活、介護、葬儀、遺品整理まで (Mic9) Kindle版 Mic9 (著)

コラム100本をまとめた書籍のようです。一通り葬儀や、その周辺知識(終活)を知ることができ満足でした。仕事のためにバッと目を通した本です。多様化する生きかた、死にかた: 終活、介護、葬儀、遺品整理まで (Mic9)人生最期をどう生きるのか?高齢化する…

もしあなたの親が明日、突然死ぬとしたら: ~僕が相続放棄を選んだワケ~親を持つすべての人に知ってほしい! Kindle版 オガワ キヨシ (著)

自費出版本のようでしたので、あまり期待していなかったのですが、非常に読みやすく、ところどころにあるエピソードも胸に迫るものがありました。事業を営んでいて、63歳で亡くなった父親の負債(事業を営んでいるとしょうがない)を相続放棄した実例が細…

広告