読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

脳科学

脳と創造性 「この私」というクオリアへ Kindle版 茂木健一郎 (著)

脳と創造性 「この私」というクオリアへとても面白く読み応えのある本だったのですが、感想をまとめようと思うと言葉が出てきません。私の語彙をはるかに越えています。っていうか、「クオリア」って何だろう。いまいちわからず読み進めちゃったな。異質なモ…

なぜ月曜日は、頭が働かないのか―心が、脳を「変える」朝日出版社 (2003/5/12)イアン・ロバートソン (著), 澤口 俊之 (翻訳)

なぜ月曜日は、頭が働かないのか―心が、脳を「変える」 脳科学に関する本は、池谷裕二によるベストセラー『海馬』や、『記憶力を強くする』をはじめ数多くあるが、本書もこれらに負けず劣らずわかりやすく、かつ興味深い内容に仕上がっている。とくに注目し…

人生の目的が見つかる魔法の杖 西田文郎

これでもかってくらい、西田氏の本をまとめて読書中。非常に面白いのですが、この本では一か所だけ。人生の目的が見つかる魔法の杖目次 序章 女に惚れろー人生の目的を感じるための「魔法の杖」/第1章 頭を使うなー幸せな成功者が持っている「魔法の杖」/…

脳内物質仕事術 マガジンハウス 樺沢紫苑 (著)

これは・・・良い本すぎて紹介もできません!とにかく、マーカーだらけ。最初のページから、最後のページまでマーカーを引きっぱなしで読みました。いろいろ、やる気を起こすノウハウや理論はありますが、脳内物質にフォーカスして書かれた本は無かった。「…

精神科医が教える!潜在能力を引き出す25の心得 by 樺沢 紫苑

精神科医が教える!潜在能力を引き出す25の心得 内容 ■1章 すべての人が潜在能力を持っている!・自分と向き合う時間をつくることが「潜在能力」を引き出すはじめの一歩 ・年齢を理由に「自分には可能性がない」と諦める必要はない ・ビジネスの分野で潜…

「頭がいい人」になるための習慣 成功する人は自分だけのリンクを見つけている Kindle版 崎谷博征 (著)

「頭がいい人」になるための習慣 成功する人は自分だけのリンクを見つけている 内臓思考 これは、タイトルがなんとなくミスマッチな気がする一冊です。著者の伝えたいキーワードからすれば「内臓思考」のほうでしょう。「頭がいい人」になるための習慣 とい…

40歳を過ぎてからの大人の脳の鍛え方―新潮45 eBooklet 教養編1 by 川島 隆太

40歳を過ぎてからの大人の脳の鍛え方―新潮45eBooklet 教養編1 この本を買った理由 最近はもっぱら「音読」にはまっているのですが、ここらで論理的な「理由」をしっかり頭に叩き込んでおきたいな!と思いまして。ところが、あんまり川島氏の本でKindleになっ…

ポジティブ・チェンジ Kindle版 日本文芸社 メンタリストDaiGo (著)

ポジティブ・チェンジ この本を買った理由 DaiGoさんというと、私の中では、なぜか?マジシャンのイメージでした。通俗本の類だろうと思って、手に取らなかったのですが、高評価が並んでいるために気になって、手に取った一冊です。結果としてすごいいい本で…

頭は「本の読み方」で磨かれる: 見えてくるものが変わる70冊 三笠書房 茂木 健一郎 (著)

頭は「本の読み方」で磨かれる: 見えてくるものが変わる70冊 (単行本) この本を買った理由 読書術、メタ本が好きで、つい手に取ってしまいます。茂木さんの本は自分の言葉でしっかり描かれているので、退屈しないで読めるという確信もありました。結果、かな…

脳が教える! 1つの習慣 ロバート・マウラー (著), 本田 直之 (監修, 監修), 中西 真雄美 (翻訳)

脳が教える! 1つの習慣 この本を買った理由 「習慣」に関する本を集めている中で出会いました。脳が教える一つの習慣とは「変化に向けて、日々小さな進歩を実践する習慣」のことです。そうするために、ばかばかしく思えるほど小さな一歩から始まる行動習慣を…

広告