ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

精神医学

心の病は食事で治す Kindle版 生田 哲 (著)

心の病は食事で治す作者: 生田哲出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2012/11/22メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 書籍内容 うつ病や不安障害など、心の病は脳内の神経伝達物質のインバランスによって発生する。薬を服用すれば症状は回復するが…

食事で治す心の病 : 心・脳・栄養─新しい医学の潮流 Kindle版 大沢博 (著)

食事で治す心の病 : 心・脳・栄養─新しい医学の潮流作者: 大沢博出版社/メーカー: 第三文明社発売日: 2014/10/21メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 書籍内容 低血糖症で起こる暴力、ストレス・うつ・認知症・統合失調症……心の病に食事が深く関わ…

生い立ちと業績から学ぶ精神分析入門: 22人のフロイトの後継者たち Kindle版 横川 滋章 (著, 編集), 橋爪 龍太郎 (著, 編集)

生い立ちと業績から学ぶ精神分析入門: 22人のフロイトの後継者たち精神分析の講義はえてして難しい。しかし本来、精神分析は治療関係の中で治療者と患者が語り合い、理解し合うための理論であり技法であるはずである。著者たちは試行錯誤の後、アナリストの…

心療内科女医が教える人に言えない不安やストレスと向き合う方法 野崎京子

心療内科女医が教える 人に言えない不安やストレスと向き合う方法 第1章 心療内科とはどんなところ?(なぜ、私がシンリョウ内科に…?激しい胃痛に襲われるビジネスウーマン/症状の背景に潜む心の葛藤、孤独 ほか)/第2章受診が多い症状別ケーススタディ…

社交不安障害 (新現代精神医学文庫) 単行本 – 2010/5 貝谷 久宣 (著), 樋口 輝彦 (監修)

社交不安障害 (新現代精神医学文庫)編者は昭和46年より約20年間大学で統合失調症の研究を続けてきた。当時の精神医学研究の主流は統合失調症とうつ病であり,神経症圏の研究はまだまだマイナーの領域であった。その後,今から18年前,大学を辞し臨床に専念す…

不安オタク: 〜強迫性障害の妻とザツな家族の笑える日々〜 Kindle版 穂藤 十紀子 (著)

不安オタク: 〜強迫性障害の妻とザツな家族の笑える日々〜自らを不安オタクと描写しますが、その表現が、この行動を説明する本質的な要素に思えます。そう考えると著者は自分のことを内省しつくし、よく理解していると見ました。 わたしは常に何かを心配して…

マンガでわかる!統合失調症 中村ユキ

統合失調症について理解したくて、一気に2冊読みました。結論から言えば、素晴らしい本だと思います。特に、私の場合は、「家族の対応編」がとても参考になりました。どのように受容していくのかという理解を深めることができました。統合失調症の患者自身も…

子どもの「心の病」を知る 児童期・青年期とどう向き合うか (PHP新書) 岡田尊司

すべてを幼児期の体験にさかのぼる心理学はあまり好きではありませんが・・確かに子供の場合は「環境」による影響が大きいであろうことは容易に想像できます。あまりにも病んだ時代の病んだ子供たち。身近な友人の子どもたちの周囲でも、すでに不登校児ばか…

仕事休んでうつ地獄に行ってきた 単行本 – 2013/9/20 丸岡 いずみ (著)

うつになるまでの丸岡さんの、全速力で駆け上がるような人生が印象的なエッセイ本?です。レビューでは、そんなに甘くないとか、丸岡さんのうつは重くないとか、色々言われるわけですが、私としては悪くなかったです。東日本大震災の取材というパンチがボデ…

かくれ躁うつ病が増えている―なかなか治らない心の病気 単行本 – 2010/7 岩橋 和彦 (著), 深間内 文彦 (著), 榎本 稔 (著)

精神科医でもある著者からの強烈なカミングアウト、自分自身も双極性障害である(しかも最近気が付いた)から始まります。終始、自分事として語る内容にグッと引き付けられます。うつ病と躁うつ病を見抜くことができずに投薬をしてしまうと、かえって症状を…

「私は躁うつ病かも?」と思うあなたへ伝えたいこと: 双極性障害を抱えて生きる (イケハヤ書房) Kindle版 星野 良輔 (著), イケダハヤト (編集)

イケハヤ書房ですので、イケダハヤトさんから学ぶブロガーさんの電子書籍だと思います。たまたま、躁うつ病というキーワードで引っかかり読んでみました。プログラマーになり、入社してすぐに、うつ病になり追い詰められていく作者の人生が、まさに「生」に…

症例集: ケース・ヒストリーズ(神経症の心理学) Kindle版 アルフレッド・アドラー (著)

私はアドラーに関しては、ほぼ無知です。その理論も読んだことがありません。なのに、症例集を読んでみたくて手に取りました。さすがに、理論も分からなければ、なんとも納得しがたいものがありましたが、、、神経症には原因があるとする氏の洞察にはうなづ…

虚言癖、嘘つきは病気か Dr.林のこころと脳の相談室特別編 (impress QuickBooks) Kindle版 林 公一 (著)

あまり言いたくはありませんが、特定の友人のことを念頭におきながら読みました。彼と関わると驚かされることが多すぎるわけですが、冷静に考えると、つじつまが合わないことばかり。今は、ほとんどすべてが虚構の世界に成り立っていたのではないかと疑って…

医師の言葉があなたを変える! 徹底相談 ~精神科医熊木に訊け!~ Kindle版 熊木徹夫 (著)

なぜ、この本を読んだのかわかりませんが、つい手に取りました。6人もの精神科医を経由し、よりいっそう不眠・うつがひどくなっている女性の症例相談が興味深いです。なかなか冷徹だなぁと思わせる相談への解答ですが、女性に同情しないわけではなく、かとい…

広告