ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

心理学

社交不安障害を 背負って 生きて Kindle版 横山 蒼依 (著)

社交不安障害を 背負って 生きて 過度に緊張しているだけだと思っていた。でもその緊張があるが為に全ての事がうまくいかない。どうにかして毎日を送ってきたが限界を感じ始めた。なんで自分はこんなに緊張しやすい体質なんだろう?絶対おかしい。ネットで見…

HSPハイセンシティブパーソンという在り方: ちょっと敏感で傷付きやすい僕らが幸せになるための3つの生存戦略 Kindle版 まさほし (著)

HSPハイセンシティブパーソンという在り方: ちょっと敏感で傷付きやすい僕らが幸せになるための3つの生存戦略 「ハイセンシティブパーソン」あなたはこんな言葉を聞いたことがありますか?頭文字をとって、HSPと略されて表記されることもあるこの概念。すご…

ふれあいを怖がる心を持ったモグラ: 社交不安障害・対人恐怖症を包み隠して Kindle版 鈴木 敦 (著)

ふれあいを怖がる心を持ったモグラ: 社交不安障害・対人恐怖症を包み隠して 著者(当事者)の経験を元に社交不安障害や対人恐怖症で苦しんでいる人の日々を分かりやすく書いています。社交不安障害・対人恐怖症という世間一般であまりスポットライトが当てら…

社交不安障害あるある Kindle版 ひらめ (著)

社交不安障害あるある SAD(社会不安障害・社交不安障害)の人ならではの「あるあるネタ」を文章とイラストにしてまとめました。(36ページ)ひきこもりや対人恐怖の方も共感できるような内容になっています。 大いに共感はできましたが、え、これだけ?と…

対人恐怖症を一瞬で治す方法、ほか3冊

対人恐怖症を一瞬で治す方法対人恐怖症を一瞬で治す方法 2非常に短い本ですが、なかなか本質をついています。著者は情報商材タイプという感じがします。ひとつの気づき、ノウハウをうまく社交不安障害の解決に役立てています。詳細にレビューすると内容をす…

自分で治す「社交不安症」 自分に自信が持てる!! 清水栄司

自分で治す「社交不安症」 書籍情報 第1章 社交不安症とは?(人がコワいという病気/社交不安の症状 ほか)/第2章 認知行動療法(認知行動療法とは/社交不安症に対する認知行動療法 ほか)/第3章 人がコワイを自分で治すための12STEP(不安と認…

いつも楽に生きている人の考え方 (ディスカヴァー携書) 新書 – 2011/9/16 ウィンディ・ドライデン (著), 野田 恭子 (翻訳)

いつも楽に生きている人の考え方 (ディスカヴァー携書)ドライデンの著書(論理療法入門―その理論と実際 単行本 – 1998/7 ウインディ ドライデン (著), Windy Dryden (原著), 国分 康孝 (翻訳), - ただの読書ログ)があまりにも難解だったため、翻訳のせいな…

実践論理療法入門 カウンセリングを学ぶ人のために ウィンディ・ドライデン

こちらもドライデンの論理療法のテキスト。見た目は、はるかに難しそうなのですが、こっちのほうがグンと理解しやすくて驚きました。どのようにして、論理療法のセラピーが進むのかが良く分かります。いわゆる心理療法(傾聴を基本としたロジャース派の方法…

論理療法入門―その理論と実際 単行本 – 1998/7 ウインディ ドライデン (著), Windy Dryden (原著), 国分 康孝 (翻訳),

論理療法入門―その理論と実際うう・・・難しい・・。挫折しそうになりました。昨晩、読んでいた論理療法の本は固すぎました。ひたすら難解で、ついていけなくなりかけました。スッキリしません。— ヨシ・ノリハラ(カラダシホン) (@nazenanido) 2017年1月8…

ストレス一日決算主義 (生活人新書) 新書 – 2005/3 山本 晴義 (著)

ビジネスマンに自殺してほしくないと強く願う著者、心療内科医の気持ちがジわっと伝わりました。特に目新しいテクニックがあるわけではないけれど、気持ちの持ちようで焦りを抑えられることが分かります。プチ認知療法の本と同じように「時間稼ぎ」(良い意…

マンガで見る心理療法①②③ Kindle版 相澤雅子 (著)

心理学各流派をごっちゃりまとめて説明しています。3巻を一気に読んでみました。他に各巻で特定の心理療法を説明した巻もありますが、まず、こっちから読まないと登場人物について理解できないですね。ただ、私もレビュー各種にある通り、恋愛模様を絡めるス…

仕事休んでうつ地獄に行ってきた 単行本 – 2013/9/20 丸岡 いずみ (著)

うつになるまでの丸岡さんの、全速力で駆け上がるような人生が印象的なエッセイ本?です。レビューでは、そんなに甘くないとか、丸岡さんのうつは重くないとか、色々言われるわけですが、私としては悪くなかったです。東日本大震災の取材というパンチがボデ…

記憶の整理術 忘れたい過去を明日に活かす (PHP新書) Kindle版 榎本博明 (著)

実に興味深い一冊です。著者は「過去は変えられる」と述べます。何せ、記憶は記録とは違って、「今ここ」の自分が想起するものです。「今ここ」の自分がどんな感情でいるかによってアクセスする記憶は違うのだとか。実際には経験していないことを思い出して…

ストレスをすっきり消し去る71の技術 単行本 – 2012/3/23 加藤 史子 (著)

あれ?と思うほど、分かりやすく読みやすい本でした。タイトルからはあまり期待していなかったのです。でも、読んでいるだけでもスッと気持ちが楽になる方法が多かったです。単なる自己啓発本ではなく、心理学知識の裏付けも豊富にあるようでした。最初は全…

今すぐ使える!コーチング (PHPビジネス新書) 新書 – 2006/6 播摩 早苗 (著)

コーチングについて理解を深めることができました。播磨氏の書籍は、力みが無く、丁寧でお勧めです。私がこれまで行ってきたコミュニケーションはコーチングの概念で考えてみると、かなり失敗してきたことが分かります。相手の中に答えがあるということを信…

「嫌われるのがこわい人」のための自己主張レッスン Kindle版 石原 加受子 (著)

話し方の工夫でしょうか。他者中心(他の人がどう思うか)に縛られた話し方と、自分中心(自分がどう感じるか)を優先した話し方では、内面に溜まるストレス度は大きく違うかもしれませんね。小さな違和感とか、感情を押し殺し続けることが、ストレス度を増…

こじらせない練習。 「今」に生きる人のための心理学 石原加受子

石原氏は25年以上前から「自分中心心理学」というものを打ち立ててきたカウンセラーです。「自分中心」というと、あまりよくない感じは漂いますが、「他者中心」(人の目を意識)ではなく、自分の感覚にもっと鋭敏であるようにという指摘はもっともだと思え…

となりの脅迫者 (フェニックスシリーズ) 単行本(ソフトカバー) – 2012/6/15 スーザン・フォワード (著), 亀井よし子 (翻訳)

なかなか強烈な本です。電子書籍で読んだので、あまり実感がわかなかったけど、かなり厚い本ではないかな・・。読了までけっこう時間がかかりました(2時間くらい?)。ちょうど、「共依存」について調べていたのですが、まさに、ドンピシャリ的な感じ。家族…

ドクター・オボの自信が湧いてくる心理学 : 自分を好きになれば人生は楽しい Kindle版 於保哲外 (著)

今の自分が好きですか?点数をつけると何点くらい?著者に相談に来る人(精神科ですからすでに悩んでいる)は当然100点ではないということ。でも、調子が良い時も、悪い時も、存在そのものを100点で受容しなければならないと著者は力説します。誰かと比べて…

うつからの脱出―プチ認知療法で「自信回復作戦」 単行本 – 2004/5 下園 壮太 (著)

うつ状態にある人が認知療法を自力で行うのは無理がかかることがあるようです。認知の歪みを、「自分が間違っている」と認識するゆえに、より、うつ状態が悪化することも少なくないということ。下園氏は、うつを「疲労」と位置付けて説明しています。「疲労…

腰痛をこころで治す心療整形外科のすすめ (PHPサイエンス・ワールド新書) Kindle版 谷川 浩隆 (著)

本当に「心療整形外科」なんてあるんですね?驚きでした。よく整体師などが持ち出してしまうゆえに、信頼性が損なわれる理論ですが、現役整形外科のドクターで、心理を絡めつつ治療に当たっている方がいるというのに感銘を受けました。整形外科ならではの、…

なぜ自信が持てないのか 自己価値感の心理学 (PHP新書) Kindle版 根本橘夫 (著)

なぜ自信が持てないのか 自己価値感の心理学 (PHP新書)作者: 根本橘夫出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2011/08/26メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るなぜ?自分にこれほど自信が無いのだろう?これは、学生時代からの悩みでしたが、仕事で業績…

はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児 Kindle版 沖田 ×華 (著), 君 影草 (その他)

IQは低くないため療育手帳はもらえず、そのために特別な支援がなかなか得られない知的ボーダーの子供たち。なんたる苦労なんだろうと思いました。二人三脚で歩んできたご主人は、疲れ果てて浮気し離婚。時には、学校や担任からの心無い言葉。理解と支援を得…

「もえつき」の処方箋―本当は助けてほしいあなたへ 単行本 – 2001/7 水沢 都加佐 (著), Be!編集部 (著)

自分が「燃え尽き」始めているというのに気が付きませんでした。危ないところでした。ここ最近の際立った不調は、メンタルによるものだと気づき、アマゾンで燃えつきについて書かれた本を探しました。意外に、燃え尽きをちゃんと扱った本は少なく、その中で…

[超図解]勇気の心理学 アルフレッド・アドラーが1時間でわかる本 [電子書籍版] 中野明

アドラー本を最近、何冊か読んでいましたが、そもそもアドラーの理論が分からないと読み解きようが無いため、ざっくり概観したくて手に取りました。概観するにはぴったりの良書でした。「劣等感」や「共同体感覚」などアドラー理論を大変ざっくりですが、読…

ねころんでアドラー Kindle版 神林俊一 (著, 編集), 志水祐 (著), HT (著), つぶあん (イラスト)

4コマ・小説・書評の3部構成になっているアドラー本。確かに4コマは面白かったのですが、小説は意味が分からなかった・・。そしてプチ書評。うーん、なんとなく構成についていけなかった感があります。ほんとに、アドラー初心者なので、サラッと目を通して、…

人見知り芸人に学ぶ ムリをしない社交術 内向型のまま幅広く社交する方法 Kindle版 田中 イデア (著)

内向型か、外向型が、私の今の大きなテーマです。人見知りって治らないんじゃないですかね?人見知り芸人に学ぶというコンセプトが面白かったのですが、もう少し、人見知り芸人エピソードがあればいいな~と思いました。人見知り芸人に学ぶ ムリをしない社交…

内向型を強みにする (フェニックスシリーズ) 単行本(ソフトカバー) – 2013/7/13 マーティ・O・レイニー (著)

内向型を強みにする出版社/メーカー: パンローリング株式会社発売日: 2013/06/16メディア: Kindle版この商品を含むブログ (5件) を見る私は、間違いなく「内向型」ですね。内向型チェック・テストをやってみるまでもなかったです。私も少しですが、ユング心…

その損の9割は避けられる 大江英樹(三笠書房)

これは当たり!本です。むちゃむちゃ面白いですよ。生命保険に関係した章だけ読みたくて拾い読みしていたのですが、ぐんぐんひきつけられて、気が付くと、最初から読み直してしまいました。カラダシホンのブログでも保険に関係したところをしっかりレビュー…

継続は、だれも裏切らない PHP研究所 内藤 誼人 (著)

継続は、だれも裏切らない 「人たらし」シリーズの・・・ この著者はよく読んでいて、「人たらし」シリーズはよく立ち読みしていました。どうも、購入してしっかり読むほどでもなく、大衆向けの心理学ビジネス書作家なんだなと思っていました。あまりにも軽…

精神科医が教える!潜在能力を引き出す25の心得 by 樺沢 紫苑

精神科医が教える!潜在能力を引き出す25の心得 内容 ■1章 すべての人が潜在能力を持っている!・自分と向き合う時間をつくることが「潜在能力」を引き出すはじめの一歩 ・年齢を理由に「自分には可能性がない」と諦める必要はない ・ビジネスの分野で潜…

ポジティブ・チェンジ Kindle版 日本文芸社 メンタリストDaiGo (著)

ポジティブ・チェンジ この本を買った理由 DaiGoさんというと、私の中では、なぜか?マジシャンのイメージでした。通俗本の類だろうと思って、手に取らなかったのですが、高評価が並んでいるために気になって、手に取った一冊です。結果としてすごいいい本で…

コーチングのプロが教える 「ほめる」技術 Kindle版  日本実業出版社 鈴木義幸 (著)

コーチングのプロが教える 「ほめる」技術 この本を買った理由 昨日読んだ、この本(「ほめる生き方」 マガジンハウス 西村 貴好 (著) - ただの読書ログ)これが、意外に良かったので、ほめるシリーズでいろいろ探していまして、出会いました。コーチングス…

悪夢障害 (幻冬舎新書)2015/9/30 西多 昌規

悪夢障害 (幻冬舎新書) この本を買った理由 私は筋金入りの「悪夢」ちゃんなのです。毎日、毎日、繰り返される悪夢に、正直寝るのに疲れてしまうこともありました。 tosituseigen.hatenadiary.jp 夢には関心を持ち、複数の書籍を読みましたが、確かに、あま…

脳が教える! 1つの習慣 ロバート・マウラー (著), 本田 直之 (監修, 監修), 中西 真雄美 (翻訳)

脳が教える! 1つの習慣 この本を買った理由 「習慣」に関する本を集めている中で出会いました。脳が教える一つの習慣とは「変化に向けて、日々小さな進歩を実践する習慣」のことです。そうするために、ばかばかしく思えるほど小さな一歩から始まる行動習慣を…

ビジネスマンのためのメンタル・タフネス ジム・レーヤー/〔著〕 ピーター・マクラフリン/〔著〕 高木ゆかり/訳 CCCメディアハウス

ビジネスマンのためのメンタル・タフネス この本を買った理由 少し前に購入して読んだこの本が素晴らしすぎた!ので、同じ著者の本をもっと読んでみたいと思い手にとりました。 yoshinorihara.hateblo.jp これは私の読書方法ですが、この人好きだなと思うと…

メンタル・タフネス ストレスで強くなる ジェームズ・E.レーヤー(TBSブリタニカ)

メンタル・タフネス―ストレスで強くなる この本を買った理由 我ながらストレスに弱い男だと自覚しています。一流のスポーツ選手のメンタルトレーニングについて知りたくて、この一冊を手に取りました。ストレスは必ずしも悪いものではないということを理解で…

マイナス思考からすぐに抜け出す9つの習慣 古川武士( ディスカヴァー・トゥエンティワン)

マイナス思考から すぐに抜け出す9つの習慣 この本を買った理由 習慣化コンサルタントの古川氏の本です。思考習慣を変えるのは6か月かかります。基本は「書くこと」で思考習慣を変えていきます。その具体的な方法が知りたくて、この本を手に取りました。すご…

WILLPOWER意志力の科学 ロイ・F.バウマイスター(インターシフト)

WILLPOWER 意志力の科学 この本を買った理由 久々に骨太の本を買ってしまいました。習慣の力について調べているとはまり込んでしまい、ここまで来ました。意志力が「エネルギー」だとは考えたことが無く、豊富な根拠のある理論をじっくり読んでいます。自尊…

広告