読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

ロダンのココロいろはのきもちクリニック Kindle版 内田かずひろ (著)

ロダンのココロいろはのきもちクリニック作者: 内田かずひろ出版社/メーカー: 日本文芸社発売日: 2016/06/17メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るこれは半端ない良い本です。内田氏自身の経験談が切々と描かれています。対人恐怖(視線恐怖・万引き…

あるがままに自閉症です!東田直樹の見つめる世界 東田直樹

あるがままに自閉症です ~東田直樹の見つめる世界~過去に東田さんの動画を見て、そして本を読んで、本当に驚愕しました。自閉症の方の内面に対して、これほど自分が無知だったとは。驚きのあまり、しばらく言葉を失いました。小さいころから一緒に遊んでいた…

ムヒカさんの幸福論 世界一貧しいと呼ばれた大統領 (朝日新聞デジタルSELECT)

ムヒカさんの幸福論 世界一貧しいと呼ばれた大統領 (朝日新聞デジタルSELECT)この元大統領、報酬の90%を寄付し、自分は月1000ドル、一般庶民と同じ水準で5年生活したのだとか。一般民衆の代表となる人は、一般民衆と同じ生活をしなければならない。理屈は分…

諺で読み解くロシアの人と社会 Kindle版 栗原成郎 (著), 阿部昇吉 (編集)

諺で読み解くロシアの人と社会 書籍内容 本書は「ロシアの諺の特質」の解明をめざしたものです。諺は本来、語呂の良さ、人間の本質を鋭く突いた寸鉄、人情の機微に触れた頓智、支配者階級の圧政をあてこすった皮肉などによって民衆に愛され、人の口から口へ…

(011)わたしが正義について語るなら (ポプラ新書) 新書 – 2013/11/5 やなせたかし (著)

(011)わたしが正義について語るなら (ポプラ新書)第1章 正義の味方って本当にかっこいい?(正義の味方について考えてみよう/食べ物がないのは耐えられない ほか)/第2章 どうして正義をこう考えるようになったのか(自然が溢れていた生まれ故郷の高知/…

人間の大地 (光文社古典新訳文庫) Kindle版 サン=テグジュペリ (著), 渋谷 豊 (翻訳)

星の王子さまで有名な、サン=テグジュペリのエッセイ集?です。郵便飛行という職業を通してみる命と死と大地(地球)の描き方が秀逸です。同僚が雪山で遭難して生還するまでを描いた部分、自らが砂漠の真ん中でのどの渇きと死に出会う部分、次から次へと現…

面と向かっては聞きにくいイスラム教徒への99の大疑問 Kindle版 佐々木 良昭 (著)

お~、これは面白い本です。99のミニエッセイが並んでいますが、全体を通してイスラムを取り巻く周辺知識が得られます。アラブと中東の違いや、ISが生まれた経緯、アメリカの思惑など、日本のメディアからは得ることができない情報です。著者は、自らもイス…

投手論 (PHP新書) 新書 – 2013/3/17 吉井 理人 (著)

現在も日本ハムのコーチに返り咲いた吉井投手の自伝的エッセイです。メジャーを経験し、40代まで投げ続けた生きざまが分かります。また、実に「貪欲」に他者から学び、絶えずピッチングについて学び続けている人であることが分かります。また、時に豪胆な一…

大家さん引退します。 主婦がアパート3棟+家2戸、12年めの決断! 大家さんシリーズ (本当にあった笑える話) Kindle版 東條さち子 (著)

大家業はとてもとても取り組みたいとは思えないものですね。私は・・。少なくとも引きましたよ。貯金が無く、借金状態でなおかつ、融資に向かう夫婦。え?なんで?と。これが、この夫婦の生きざまなのでしょうね。逆に関心してしまいました。ほぼ自転車操業…

笑う英会話―参考書や英会話本に載っている 文庫 – 2009/7/27 草下 シンヤ (著), 北園大園 (著)

完全に息抜きのために手に取りました。面白いです。いったいどういう意味?という意味不明の例文にツッコみまくりです。テンポの良いギャグマンガのようです。時々、ププッと吹き出す感じでした。笑う英会話―参考書や英会話本に載っている英語の参考書や辞書…

ニューヨークで暮らすということ PHP新書 Kindle版 堀川 哲 (著)

自分の「中」の世界を広げてみたくて手に取りました。ニューヨーク州と、ニューヨーク市ではまるで違うということを知りました。ニューヨーク市は世界の中でも、異例なほどに人種のるつぼとなっている様子が分かります。様々な人種や宗教の人たちが、共存し…

世界は『とどのつまり』_トランプと第三次世界大戦 Kindle版 ベリー西村 (著)

いわゆる「陰謀論」の類の本だと思います。イルミナティの世界支配に関する論考でした。めったにこの手の本を読まないので、途中で頭がクラクラしてきました。私には読みこなせないかもしれません。世界は『とどのつまり』_トランプと第三次世界大戦目次 プ…

家族がいなくなった日 ある犯罪被害者家族の記録 (ぶんか社コミックス) Kindle版 今田 たま (著)

全く理不尽な理由で愛する家族を強盗殺人で亡くした著者のコミックエッセイです。衝撃を受けて、うつ(PTSD)を発症していく著者の姿がけなげです。経験した人しか語ることができないものですが(ほとんどこのような経験をした人はいないでしょう)、身勝手…

東大やめた日の空が青かった 解剖学者・養老孟司さんの半生記 (朝日新聞デジタルSELECT) Kindle版 朝日新聞 (著)

どうも半生記のようなものに興味があるらしく、つい手に取りました。養老氏の他の書籍を読もうとした瞬間におすすめリストに表示されており・・。養老氏が筋金入りの「虫マニア」だというのが分かりました。また、幼児期の辛い父との別れが、挨拶できないト…

なぜ宇宙人は地球に来ない? (PHP新書) 新書 – 2009/5/16 松尾 貴史 (著), しりあがり 寿 (イラスト)

とても楽しく読めました。ちょいと暇つぶしに手に取っただけなのですが、中盤~後半にかけて、著者の毒舌が冴えてくるにつれて、ププっと笑いだすような記述も多くなりました。科学を駆使しなくても、常識で考えると、それおかしくない?という冷静なツッコ…

白本 Kindle版 高城剛 (著)

大人気の高城剛メールマガジン「高城未来研究所 FutureReport」の中のひとつである、読者とのQAコーナーを再編集した、あたらしい時代を生き抜くために必要な知恵の集大成。 とことんポジティブな高城氏 さすが、噂に聞くだけあって、面白い本でした。何より…

ダーリンは70歳/高須帝国の逆襲 Kindle版 西原理恵子 (著), 高須克弥 (著)

レビューにある通りです。高須院長の語り口の軽妙さ、上手さで、一瞬で読了してしまいます。サイバラさんへの愛、高須さんが大切にしている考え方がユーモアを交えて胸に迫ってきます。特に、美に関する価値観なんて、なかなか見ないくらい鋭いです。最後は…

広告