読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの読書ログ(ヨシ・ノリハラ)

ヨシノリハラがひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

がんを告知されたら読む本―専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい”がん”の話 Kindle版 谷川 啓司 (著)

がんを告知されたら読む本―専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい”がん”の話作者: 谷川啓司出版社/メーカー: プレジデント社発売日: 2015/09/17メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 書籍内容 抗がん剤、病院選び、がんの正体… 妻と父を”が…

がんになって、止めたこと、やったこと Kindle版 野中 秀訓 (著)

がんになって、止めたこと、やったこと作者: 野中秀訓出版社/メーカー: 主婦の友社発売日: 2016/05/12メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る大腸がん(ステージ4)から緩解状態に持ち込んだ、現役がんサバイバーのエッセイです。食事改善などの経緯…

大切な人をがんから守るため 今できること 命の食事 Kindle版 南雲 吉則 (著)

大切な人をがんから守るため 今できること 命の食事作者: 南雲吉則出版社/メーカー: 主婦の友社発売日: 2016/05/25メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る単なるアンチエイジング医師というイメージがある南雲氏ですが、本当に真剣に、がんを撲滅する…

超高濃度ビタミンC点滴療法 単行本(ソフトカバー) – 2008/10/23 水上 治 (著)

超高濃度ビタミンC点滴療法作者: 水上治出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2008/10/23メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 6回この商品を含むブログ (1件) を見る 書籍内容 新しいガン医療として、「超高濃度ビタミンC点滴療法」が注目を浴びていま…

僕はあなたを「がん治療」で死なせるわけにはいかない! 「近藤誠がんセカンドオピニオン外来」の全貌を初公開 (文春ムック) 近藤誠

文春クリニック 近藤誠 僕はあなたを「がん治療」で死なせるわけにはいかない! (文春e-book)近藤誠氏のセカンドオピニオン外来でのやりとり(イメージ)を書き起こした本です。各部のがんに対して近藤氏がどんな方法を勧めていくかが興味深いです。以前の著…

がんは治療か、放置か、究極対決 近藤誠

がんは治療か、放置か 究極対決第1部 激突対論/近藤誠医師VS.林和彦医師(近藤医師と林医師ーそれぞれの「立ち位置」/がんは「手術すべき」か「放置すべき」か/抗がん剤は「有効」か「有害無益」か/「緩和ケア」に抗がん剤は必要か/がん検診は「受…

がん患者よ、近藤誠を疑え Kindle版 近藤誠 (著)

がん患者よ、近藤誠を疑え考えさせられます。近藤氏の主張が絶対に間違っているとは言えません。医師たちは標準治療に縛られていますし、必ずしも、患者の「延命」のために有意義なことができるわけではないというのも事実です。もし患者が自分の頭でしっか…

私の癌活: ある医師の悪性リンパ腫闘病記 上巻 Kindle版 井埜利博 (著)

家族の病気に関係して「悪性リンパ腫」を知るために購入。とくに下巻は、悪性リンパ腫という病気を知るための情報がたくさんあります。ほかの癌よりはるかに抗がん剤が効く癌ですし、リツキサンのような分子標的薬が悪性リンパ腫を不治の病ではないものに変…

がんの花道 患者の「平穏生」を支える家族の力 長尾和宏

まっとうな本です。そして、がん患者と家族への愛情を感じる対談本です。がん難民コーディネータとして知られる藤野氏と医師の長尾氏がまったく対等に語り合います。本当に、その場に直面しないと分からない患者と医師の本音が聞ける稀に見る有用な本です。…

「抗がん剤は効かない」の罪 単行本 – 2014/3/24 勝俣 範之 (著)

近藤誠氏への反論本です。勝俣氏は腫瘍内科医で、いわゆる抗がん剤のプロ。無思慮に抗がん剤を全拒否する世論誘導への警句を鳴らしています。う~ん、長尾氏の主張に比べるとちょっと難しかったです。近藤氏への反論に主張の大半が割かれており、論文の読み…

抗がん剤が効く人、効かない人 (PHP新書) 新書 – 2014/5/16 長尾 和宏 (著)

抗がん剤が効く人、効かない人 (PHP新書)結局のところ、自分がガンになったとき、妻がガンになった時、抗がん剤を選択するのかどうかというところの結論は出ていません。私もいくらか医療に関わる仕事をしており、目の前で抗がん剤闘病しつつ亡くなる多くの…

広告