ただの読書ログ

ひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

2017-01-30から1日間の記事一覧

思考を外に取り出して、自分で調整できるというのは「技術」ですね

就寝24:00・起床8:00 朝から鼻炎(昨日はお寿司だったり、ケーキだったり珍しく「糖質」を食べたせいかな)もっともっと眠いという感じです。すっきり、さわやかに朝から活動できたらもっと良いですね。徐々に起床時間を早くしようと思います。 自分との「…

お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人 Kindle版 午堂登紀雄 (著)

お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人お金の使い方(マネーリテラシー)に関する本かなと思って手に取りましたが、ちょっと浅いかな。あまり得るものがなくて、途中で読むのをやめてしまいました。 これからの世の中、コツコツ貯めてるだけではお…

リスクは金なり [電子書籍版] 黒木亮

リスクは金なり早稲田大学時代に箱根駅伝に2度出場。 その後都市銀行、証券会社、総合商社で勤務し、 現在は英国在住作家として活躍する著者の足跡が垣間見えるエッセイ集。仕事を通じて世界80ヶ国を渡り歩いた経験をもとに、 人生の目標の見つけ方から、実…

やさしいカウンセリング講義 もっと自分らしくなれる、純粋な癒しの関係を育むために (大阪経済大学研究叢書) Kindle版 古宮昇 (著)

やさしいカウンセリング講義―もっと自分らしくなれる、純粋な癒しの関係を育むために (大阪経済大学研究叢書) 【内容情報】(「BOOK」データベースより)* カウンセリングのなかで、いったい何が起こるのかーそれを言葉で説明することは、きわめてむずかしい…

生い立ちと業績から学ぶ精神分析入門: 22人のフロイトの後継者たち Kindle版 横川 滋章 (著, 編集), 橋爪 龍太郎 (著, 編集)

生い立ちと業績から学ぶ精神分析入門: 22人のフロイトの後継者たち精神分析の講義はえてして難しい。しかし本来、精神分析は治療関係の中で治療者と患者が語り合い、理解し合うための理論であり技法であるはずである。著者たちは試行錯誤の後、アナリストの…

さまよえる狂気: 精神学からの提言 単行本 – 2012/1/25 秋田 巌 (著)

さまよえる狂気: 精神学からの提言心理学は内面と外とのズレから、精神医学は脳と行動の異常から「狂い」を探るが、本書 では「狂うこと」の本質を、人が人たる所以に見て、迷路から逃れ出ることのできぬ様を 真正面からとらえようと試みる。《精神学》と銘…

心理療法入門 理論統合による基礎と実践 Kindle版 古宮昇 (著)

心理療法入門 理論統合による基礎と実践作者: 古宮昇出版社/メーカー: 創元社発売日: 2015/03/26メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るプロ向けだと思いますが、素人の私でも読みやすかったです。それぞれの理論や技法の説明に、自身の経験が含まれ…