ただの読書ログ

ひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

2017-01-12から1日間の記事一覧

いつも楽に生きている人の考え方 (ディスカヴァー携書) 新書 – 2011/9/16 ウィンディ・ドライデン (著), 野田 恭子 (翻訳)

いつも楽に生きている人の考え方 (ディスカヴァー携書)ドライデンの著書(論理療法入門―その理論と実際 単行本 – 1998/7 ウインディ ドライデン (著), Windy Dryden (原著), 国分 康孝 (翻訳), - ただの読書ログ)があまりにも難解だったため、翻訳のせいな…

電子書籍出版で月100万円の印税収入を目指す奮闘記 第2巻 印税月収10万円突破!?: 進撃のキンドルアンリミテッド (冒険王出版) Kindle版 吉武 穂高 (著)

電子書籍出版で月100万円の印税収入を目指す奮闘記 第2巻 印税月収10万円突破!?: 進撃のキンドルアンリミテッド (冒険王出版)Kindle出版本はあまりにも多く出過ぎていますが、この本は、Kindleアンリミテッドのページビュー報酬に焦点を絞っているよ…

ゼロから始めるセルパブ戦略: ニッチ・ロングセール・オルタナティブ (セルパブ実用書部会) Kindle版 倉下忠憲 (著)

ゼロから始めるセルパブ戦略: ニッチ・ロングセール・オルタナティブ (セルパブ実用書部会)著者の倉下氏は私でも知っているくらいですから「成功者」でしょう。evernoteや仕事術では、倉下氏の名前を至るところで見ていました。少し前に読んだブログ本(ブロ…

ブログを10年続けて、僕が考えたこと Kindle版 倉下忠憲 (著)

WEB

ブログを10年続けて、僕が考えたこと数あるブログ論の中でも、読み応えがあり、ブログをきっかけに商業出版まで果たすようになった著者の成功記録としても楽しめます。呼吸するようにブログを書くのではなく、歌を歌うようにブログを書く。この言葉にハッと…

さるでもできるKindle電子出版: 20冊以上のKindle本を出版した筆者が、KDPアカウントの登録方法から、キンドルに最適なファイル作成まで、電子出版に必要な情報をすべて公開! Kindle版 海河童 (著)

さるでもできるKindle電子出版: 20冊以上のKindle本を出版した筆者が、KDPアカウントの登録方法から、キンドルに最適なファイル作成まで、電子出版に必要な情報をすべて公開!うん!素直に書籍として面白いです。さすが、レビューや売れている数というの…

文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術 Kindle版 藤原 智美 (著)

文は一行目から書かなくていい ― 検索、コピペ時代の文章術さすがの筆力です。楽しく読めますね。文章を少しでも書いてみたいと思える人にぜひ、お勧めの本です。とりわけ、私は、電子書籍との付き合い方に関する藤原氏の懸念が響きました。電子書籍で狂った…

自分の言葉で語る技術 単行本 – 2011/8/12 川上 徹也 (著)

自分の言葉で語る技術58のトピックスを集めた本です。お得意トイレ読書やちょっとした時にサラッと読めます。私が興味深かったのは、池上彰氏の解説のくだり。氏の解説は見事に「自分の言葉」になっているわけですが、実は、解説を聞く人のレベルに合わせて…

修業論 (光文社新書) 新書 – 2013/7/17 内田 樹 (著)

修業論 (光文社新書)うむ、難解ですね。なんといっても、修業をしたことが無い私です。万年帰宅部、現在、自営業ダラダラボーイです。内田氏とは物を見る目が違うかもと思えました。あとがきから読みました。この本が別々に3つの雑誌等の寄稿した内容の編集…

患者さまは外国人 無国籍ドクターと空飛ぶナースのドタバタ診療日誌 単行本(ソフトカバー) – 2014/5/22 山本ルミ (著), 世鳥アスカ (著)

患者さまは外国人 無国籍ドクターと空飛ぶナースのドタバタ診療日誌 ロシア系の医師と日本人ナースが切り盛りする、六本木の外国人専門クリニック。習慣や常識のギャップに、診察室は今日も大騒ぎ!笑いと涙の医療コミックエッセイ。 いや~、これは本気でお…

これからの死に方 (平凡社新書) 新書 – 2016/3/17 橳島 次郎 (著)

これからの死に方 (平凡社新書)作者: 橳島次郎出版社/メーカー: 平凡社発売日: 2016/03/17メディア: 新書この商品を含むブログ (2件) を見る葬儀ジャンルの本だと思い手にとりましたが、読んでみると、どうもそうとは言い切れない。著者は生命倫理の研究者で…

治療は大成功、でも患者さんは早死にした―長生きするための医学とは (講談社プラスアルファ新書) 単行本 – 2001/3 岡田 正彦 (著)

治療は大成功、でも患者さんは早死にした―長生きするための医学とは (講談社プラスアルファ新書)医療統計のウソ・ねつ造、データの読み方の偏りを鋭く突いていきます。肺がん患者の検診・その後の手術が、命を延ばすことにほとんど寄与していない事実。積極…

金融のプロに騙されるな 生命保険・投資信託との正しいつきあい方 (朝日新書) 新書 – 2013/1/11 後田 亨 (著), 渋澤 健 (著)

金融のプロに騙されるな 生命保険・投資信託との正しいつきあい方 (朝日新書)前半の後田亨氏の保険が「宝くじ」であるという鋭い指摘がタメになりました。生命保険に加入する前に読めてよかったと思っています。 金融機関の人って誰のために働いているか知っ…

(011)わたしが正義について語るなら (ポプラ新書) 新書 – 2013/11/5 やなせたかし (著)

(011)わたしが正義について語るなら (ポプラ新書)第1章 正義の味方って本当にかっこいい?(正義の味方について考えてみよう/食べ物がないのは耐えられない ほか)/第2章 どうして正義をこう考えるようになったのか(自然が溢れていた生まれ故郷の高知/…