ただの読書ログ

ひたすら読んだ本をアップしているだけの日記です。

2016-12-11から1日間の記事一覧

まんがで読む会葬マナーとはじめての喪主ガイドブック Kindle版 神垣忠幸 (著)

いわゆる一般的な仏式葬儀のマナー本です。私は直葬・シンプル葬派なので、あまり興味を持ちませんでしたが、一般的なマナーを知るために読みました。ところどころ、脚注にあるように、仏教本来の意味も失っていたり、単なる迷信だったり、現在の「一般的な…

稼ぎたければ、働くな。 Kindle版 山田 昭男 (著)

伝説的な会社になっています。未来工業の山田氏。ものすごく面白い本でした。差別化、誰もやらないことをやる。常識を無視する。奇をてらっているわけではなく、常に常識から逆張りしていく姿勢が一貫していることが、山田氏の最大のノウハウでしょう。課長…

終末期患者からの3つのメッセージ Kindle版 大津 秀一 (著)

緩和医療・終末医療医の大津氏の本です。いかに、後悔しないで死ぬことができるか?大津氏の思っていることを吐き出すようなエッセイです。これまで経験してきた看取りの中で3人だけが、微塵も後悔を感じさせずに、逝った方なのだそうです。なぜ後悔せず、逝…

お看取りマンガ~「延命処置どうしますか?」と医者に聞かれる前に読む本 Kindle版 mhlworz (著), 極東ベンジャミン (イラスト)

考えさせられるマンガです。なかなか絵がリアルで厳しいのですが、いざ、高齢者の最後には必ず生じる延命問題を取り扱っています。自宅で看取る場合、病院で最後まで延命処置を行う場合と、2パターンの例が載っています。私も、身近な家族の延命処置を迫られ…